宮崎大学
ニュースリリース

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム第9期に宮崎大学から 13名の学生が合格

2018年08月03日 掲載

20180803_01_01.jpg↑深澤さんによる活動内容プレゼン

平成30年度官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム第9期派遣留学生(全国版、地域版)の選考に於いて、宮崎大学から13名の学生が合格した。これは、9期の合格者数では全国の大学で10位(国公立大学では8位)となる。

20180803_01_03.jpg↑河野国際コーディネーター(指導担当)による結果報告

この結果を受け、平成30年6月28日(木)にトビタテ9期の合格者が伊丹利明副学長(国際連携担当)、及び河野国際コーディネーターとともに池ノ上克学長他全理事・副学長等へ合格報告を行った。

20180803_01_02.jpg↑竹田さんによる活動内容プレゼン

報告にあたり、トビタテ!全国版に合格した深澤仁さん及び地域版に合格した竹田卓生さんは、それぞれ自身の活動内容に関するプレゼンを行い、それぞれが今回の留学の機会を自分のキャリアに活かしていくだけでなく、将来、宮崎ひいては日本に貢献していきたいとの強い思いを語った。

20180803_01_04.jpg↑池ノ上克学長による激励

これに対して、池ノ上学長からは、本学のスローガンである、「世界を視野に 地域から始めよう」の言葉通り、宮崎から世界へ羽ばたき大きく成長していって欲しいとの、今後の活躍に期待を込めたエールが送られた。

▼トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム採用学生数
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/tobitate/__icsFiles/afieldfile/2018/06/21/1406006_2.pdf 

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH