宮崎大学
ニュースリリース

宮崎大学発ベンチャー企業「ひむかAMファーマ株式会社」が資金調達を実施

2017年12月28日 掲載

宮崎大学発ベンチャー企業である ひむかAMファーマ株式会社(宮崎県宮崎市、代表取締役 新城裕司)は、 地域を拠点とする三つの投資ファンドを引受先として、第三者割当増資による資金調達(第一回目)を実施しました。

ひむかAMファーマ株式会社は、本学医学部・北村和雄教授の発見した生理活性ペプチド「アドレノメデュリン」の多彩な生理活性に基づいた創薬開発を実施するベンチャー企業です。現在は、難治性炎症性腸疾患の治療薬の新規創薬を目指し、開発を進めています。この開発では、国立研究開発法人日本医療研究開発機構「創薬支援推進事業−希少疾病用医薬品指定前実用化支援事業−」の開発支援補助金も受けており、今回の初回資金調達で開発費の充実を図るとともに、次回以降の資金調達の契機とします。

本学は、特色ある研究の推進及び産学連携・地域連携によって、大学の研究成果を活用した新たな事業の創出に取り組んでおります。このたび、本学が認定するベンチャー企業が、大学発ベンチャーの振興及び地域経済の活性化に取り組む宮崎・九州地域の投資ファンドから資金調達を実施したことは、本学の強み・特色である生命科学分野の研究成果を活用した事業創出を加速するものであります。なお、北村教授は、アドレノメデュリンの発見とそれに続く一連の基礎研究・臨床研究の業績に加え、創薬ベンチャーの創業を通して、宮崎県のみならず我が国の学術文化の発展に寄与した功績が評価され、平成29年度宮崎県文化賞(学術部門)を受賞しています。

関連リンク

▼宮崎大学産学・地域連携センター「宮崎大学発ベンチャー企業『ひむかAMファーマ株式会社』の設立」
http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/news/5677/

▼ひむかAMファーマ株式会社
http://www.himuka-am.com/

出資元関係

QBキャピタル合同会社 http://qbc.co.jp/news/
西日本シティ銀行 https://www.ncbank.co.jp/noren/news/2017/news_list.html
宮崎銀行 http://www.miyagin.co.jp/news/news.html
宮崎太陽銀行 https://www.taiyobank.co.jp/contents/index.php?blogid=17

問い合せ先

<大学発ベンチャー企業に関するお問合せ先>
 宮崎大学 研究国際部 産学・地域連携課
 Tel:0985-58-7951 Fax: 0985-58-7793 E-mail: sangaku@of.miyazaki-u.ac.jp

<ひむかAMファーマ株式会社に関するお問合せ先>
 ひむかAMファーマ株式会社 新城裕司(シンジョウヒロシ)
 〒889-1601 宮崎県宮崎市清武町木原5200番地
 宮崎大学清武キャンパス内
 Tel:0985-69-3287 E-mail:himuka-am-info@himuka-am.co.jp

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH