宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座

活動報告

2017/12/13

宮大夕学講座(第7回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第7回宮大夕学講座」を平成29年12月6日(水)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第7回宮大夕学講座では、講師に株式会社ストライプインターナショナル代表取締役社長の石川康晴をお迎えし,一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢35名のご参加を賜りました。

女優の宮崎あおいさんがCM・ブランドキャラクターを務めるアパレルメーカーで,わずか10年で急成長を遂げた注目の会社です。これまでの経営路線の変更と事業成長のヒント・戦略などについて講演頂きました。

 

第7回宮大夕学講座

日時:平成29年12月6日(水)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『ストライプインターナショナルのイノベーション』

講師:石川康晴 株式会社ストライプインターナショナル 代表取締役社長

講演内容:

当社は、創業以来常に「路線転換」を繰り返してきました。そしてその路線転換こそが、イノベーションであり事業継続の要因であると考えています。本講演では、当社のこれまでの路線転換について具体的な事例をお話しすると共に、事業成長と等しく大切にしている創業地岡山での地域貢献活動についてもご紹介いたします。

宮大夕学講座(第7回:2017年12月6日)

宮大夕学講座(第7回:2017年12月6日)

2017/12/13

宮大夕学講座(第6回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第6回宮大夕学講座」を平成29年11月28日(火)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第6回宮大夕学講座では、講師に法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授の米倉誠一郎をお迎えし、一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢30名のご参加を賜りました。

 

 

第6回宮大夕学講座

日時:平成29年11月28日(火)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応』

講師:米倉誠一郎 法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授

講演内容:

日本人は創造的ではないなどという人がいますが、本当にそうでしょうか?本講演では、明治から昭和初期にかけてきわめて創造的な対応を行ったイノベーターたちを通じて、近代日本の建国の姿が如何に創造的だったかについて話したいと思います。しかし、日本人だけが民族的に創造的であるといったナショナリスティックな主張ではありません。日本人にもそうした人々がいたという話です。創造的対応とは、社会経済の変化にただ順応するのではなく、まったく新しく対応することで、1947年にシュンペーターが用いた概念です。この観点から近代日本を見てみると、それはもうワクワクする旅に出るようなものなのです。

 

              宮大夕学講座(第6回:2017年12月6日)

2017/12/05

宮崎TOPセミナー ~西米良村~ -宮崎の各首長が熱く語る-

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「宮崎TOPセミナー ~西米良村 黒木正藏村長~」を平成29年11月24日(金)に開催しました。

宮崎大学が地域に根ざす大学として、県内26市町村と密着して様々な事業を考え,宮崎の未来を描きデザインしていく。そのスタートとして、まずは宮崎の各地域を学ぶ「宮崎TOPセミナー」を開催し、各首長に地域の潜在能力や活気に満ちた現状、未来への挑戦、さらには行政哲学について熱く語って頂きます。

記念すべき第1回目のセミナーは、日本一元気な村“西米良村”の黒木定藏村長を宮崎大学客員講師として招聘し、西米良村の歴史と文化や地域資源を活用した夢と希望いっぱいの取り組みについて講演して頂きました.西米良村に行きたい!住みたくなる!お話です。

聴講者は教職員・学生・企業・地域など様々な分野から総勢70名のご参加をいただきました。また,村長のお計らいで沢山の特産物を地域デザイン棟にお持ちいただきました.役場の牧様ありがとうございました.来場の皆さんは特産の西米良コロッケと柚子茶を両手にしながらの聴講となりました。

講演後は学生からの質問が多数寄せられ,黒木村長には丁寧にお答えいただきました。

次回の宮崎TOPセミナーは12月13日(水)、綾町の前田穰町長にお越しいただきます。

 

日時:平成29年11月24日(金)18:30~(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

講師:黒木定藏 西米良村長 宮崎大学客員講師

 

2017/12/01

宮大夕学講座(第5回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第5回宮大夕学講座」を平成29年11月22日(水)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第5回宮大夕学講座では、講師に東京大学大学総合教育研究センターの中原淳氏とオリンピック3大会陸上日本代表である為末大氏をお迎えし、対談による講演を頂きました。

『セカンドキャリア』が当たり前の時代において、ビジネスパーソンの仕事人生と『アスリートの人生』と照合しながらお話しいただきました。また、サテライト会場でグループワークを導入し、参加者同士が打ち解けた、笑いありの講座となりました。

一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢35名のご参加を賜りました。

 

第5回宮大夕学講座

日時:平成29年11月22日(水)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『仕事人生のリセットボタン:長期化労働時間をいかに完走するか?』

講師:中原淳 東京大学大学総合教育研究センター准教授

   為末大 一般社団法人アスリートソサイエティ代表

 

講演内容:

自分は本当に「仕事人生」を「完走」できるのだろうか? いつまで自分はいきいきと働くことができるだろうか。少なくない方々が、一度くらいはこの問いについて考えたことがあるのではないでしょうか。
ひとつの組織が、「従業員の長期にわたる仕事人生」を「丸抱え」してくれることがなくなりつつある今。かつて高度経済成長のときに存在していたような「右肩あがりの単線エスカレーター」のキャリアを歩むことは、なかなか期待できません。
これからのビジネスパーソンは、長期にわたる「仕事人生」をいかに「完走」するかを、自分事として考えていくことが求められます。
そんなとき参考になるのがアスリートの人生です。これからのビジネスパーソンは、セカンドキャリアを切り開くことを余儀なくされるアスリートに、学ぶところが多いのではないかと考えます。
本講演では、今後、ますます長期化がみこまれる自分の仕事人生を完走するため、少し視点をずらし、「一流のアスリートのセカンドキャリア選択」によりヒントを得ます。スポーツ×ビジネスによる新しい「仕事論」から、共にこの難問に挑んでみましょう。

          宮大夕学講座(第5回:2017年11月22日)

           宮大夕学講座(第5回:2017年11月22日)

 

2017/11/30

宮大夕学講座(第4回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第4回宮大夕学講座」を平成29年11月21日(火)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第4回宮大夕学講座では、講師にレオス・キャピタルワークス株式会社最高投資責任者の藤野歩英人氏をお迎えし、『自己投資に税金はかからない』『ありがとうも投資にのひとつ』『人間の力を信じる経営』など心に残るキーワードがたくさんありました。

一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢40名のご参加を賜りました。

 

第4回宮大夕学講座

日時:平成29年11月21日(火)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『投資の本質 ~人の可能性に投資する』

講師:藤野英人 レオス・キャピタルワークス株式会社 最高投資責任者

講演内容:

「投資ってギャンブルでしょう」とネガティブに捉えている方も多いのですが、それは誤解です。投資とは正しい考え方・方法を使うことによって、自分の人生を豊かに、そして社会に活力を与えられる、とてもポジティブで素敵な行動です。この講演ではまず「投資の本質」をお伝えするとともに、私が投資家として30年近くたくさんの経営者と向き合ってきた経験から見つけた「伸びる会社の法則」や、「人の可能性に投資する」という私たちの考え方について、お話したいと思います。

             宮大夕学講座(第4回:2017年11月21日)

2017/11/17

宮大夕学講座(第3回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第3回宮大夕学講座」を平成29年11月14日(火)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第3回宮大夕学講座では、講師に直木賞作家の浅田次郎氏をお迎えし、『読むこと 書くこと 生きること』の大切さについてご講演頂きました。『読むこと』は勉強ではなく『娯楽の一部』とのことです。

一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢70名を超えるご参加を賜りました。

 

第3回宮大夕学講座

日時:平成29年11月14日(火)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『読むこと 書くこと 生きること』

講師:浅田次郎 

講演内容:

読み書きが変質している昨今ですが、本質的にどういう意味があるのか、また歴史的にどう捉えられてきたのかを、小説家の立場からお話します。

                  宮大夕学講座(第3回:2017年11月14日)

 

2017/11/15

宮大夕学講座(第2回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第2回宮大夕学講座」を平成29年11月7日(火)に開催しました。

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

 第2回宮大夕学講座では、講師にクリエイティブディレクターの佐々木宏氏をお迎えし、一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢40名のご参加を賜りました。

 

第2回宮大夕学講座

日時:平成29年11月7日(火)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:『リオの開会式とCM四方山と近頃ジャパンに、ひとこと』

講師:佐々木宏 クリエイティブディレクター

講演内容:

リオ閉会式とCM四方山と近頃ジャパンに、ひとこと。キーワードは『とんちとセンス』

               宮大夕学講座(第2回:2017年11月7日)

2017/11/13

宮大夕学講座(第1回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第1回宮大夕学講座」を平成29年10月31日(火)に開催しました。
 

「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

 記念すべき第1回目の宮大夕学講座では、講師に落語家の金原亭 馬生氏と作家で慶応義塾大学文学部教授の荻野アンナ氏をお迎えし、対談と落語一席を含むご講演を頂き、落語の演目は「百年目」をご披露いただきました。一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢70名弱のご参加を賜り、落語の後の質疑時間では宮崎大学からの質問が多数採用され、盛会となりました。

第1回宮大夕学講座
日時:平成29年10月31日(火)18:30~8:30(開場18:00)
会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:『落語家の人育て』
講師:落語家 金原亭 馬生、作家,慶応義塾大学文学部 荻野アンナ
講演内容:
萩野アンナ
落語家は「馬鹿じゃ出来ない、利口な人はやらない」と志ん生の言葉にあります。「馬鹿じゃできない」のは身をもって体験しました。本人が与太郎だと、与太郎は演じられないのです。与太郎の私も、金原亭馬生師匠に教えていただいて、はや十年。「利口」にならないことの大切さを、今の社会は忘れているのではないか、と思えてきました。そこらへんのコツを、改めて師匠に伺ってみたいと存じております。

金原亭 馬生
師匠、先輩から教えられた事を若い人達に教えております。
「正しい形は正しい心をすすめ、正しい心は正しい形を欲しがる」正しい形をやっていると心が正しくなっていく。

                    宮大夕学講座(第1回:2017年10月31日)

2017/11/10

宮崎大学 地域デザイン講座 地域デザイン棟落成&キックオフシンポジウム

 平成29年10月30日に宮崎大学産学・地域連携センター地域デザイン講座の開所式とキックオフシンポジウムを開催しました。

 地域デザイン棟の落成記念として行われた開所式には大学関係者や各自治体、企業の招待者を含めて83名の出席となりました。宮崎大学の池ノ上克学長の開会挨拶から始まり、来賓挨拶では宮崎市の戸敷正市長,寄附者である米良電機産業株式会社の米良充典社長から寄附者挨拶がありました。その後、新棟の落成を記念してテープカットが行われました。

 キックオフシンポジウムでは創立330記念交流会館に会場を移し、本学教育学部の葛西寛俊教授より記念演奏「行進曲 変ホ長調 クララ・シューマン」をご披露いただきました。次に、米良充典社長より『地域デザイン講座設立への想い』と題して講座への熱い想いと今後の活用と期待について講演していただきました。

 記念講演では九州経済連合会の麻生泰会長に『九州から日本を動かす!』のテーマで講演していただき、九州経済の現状から、地方創生にはリーダーシップが鍵になること、地域の尖がりを作ること、次世代が戻る街づくりの重要性についてお話しいただきました。
 一般の方々や本学の学生を含め286名の参加となり盛会となりました。
 その後、パネルディスカッションは『宮崎県における地方創生に向けた人材育成のあり方』と題して、宮崎県の河野俊嗣知事にファシリテートしていただき、パネリストには九経連の麻生泰会長、宮崎銀行の平野亘也頭取、宮崎労働局の元木賀子前局長、宮崎大学の池ノ上克学長を交えて実施しました。産学官金の各分野から人材育成へのそれぞれの取組や課題、宮崎大学への期待と地域デザイン講座の役割などについて討論していただきました。ディスカッションは会場が満席の中で進んでおりましたが、講義を終えた学生も駆けつけ、急遽座席を追加するなどして対応し、最後の質問では一般や教職員、学生などから多数寄せられ大変貴重なシンポジウムとして閉会しました。

 最後に地域デザイン棟で行われた懇親交流会では60名の参加があり、産学官金が協力し連携を深める良い機会が得られました。

 

祝!宮崎大学 地域デザイン講座落成

 

地域デザイン講座落成 記念テープカット

 

地域デザイン棟 施設紹介

 

記念演奏 教育学部 葛西寛俊 教授

 

寄附者挨拶 米良電機産業株式会社 米良充典 社長

 

記念講演 九州経済連合会 麻生泰 会長

 

パネルディスカッション ファシリテーター 河野俊嗣 宮崎県知事

 

パネルディスカッション パネリスト

15 / 15« 先頭...1112131415
宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座