宮崎大学キャリアマネジメント推進機構 - テニュアトラック推進室

宮崎大学型若手研究リーダー育成モデル

News & Information

  • home
  • 宇都卓也助教の論文が英国王立化学会PCCP誌のHot articlesに選出されました

宇都卓也助教の論文が英国王立化学会PCCP誌のHot articlesに選出されました

2020.11.2

 テニュアトラック推進室の宇都卓也助教の研究グループは、実験・理論的アプローチによって、ピロリジニウム型イオン液体の構造-物性相関に関する分子論的メカニズムを解明することに成功しました。この研究成果は、多様な産業用途が期待される電解質や機能性溶媒の設計に役立つものです。

 この研究論文は、世界的な物理化学誌の一つである英国王立化学会Physical Chemistry Chemical Physics誌の第22巻35号(2020年9月21日(月))に公開されました。さらに、本成果は高い評価を受け、同学術誌の2020 PCCP Hot Articlesにも選出され、掲載号のバックカバーを飾りました。

【論文題目】

掲 載 誌:英国王立化学会Physical Chemistry Chemical Physics誌                                                         第22巻35号 19480-19491 ページ

タイトル:The effects of the position of the ether oxygen atom in pyrrolidinium-based                          room temperature ionic liquids on their physicochemical properties

著  者:Kazuki Yoshii*, Takuya Uto*, Naoki Tachikawa, Yasushi Katayama

論文URL:https://doi.org/10.1039/d0cp02662j

【宮崎大学プレスリリース】

http://www.miyazaki-u.ac.jp/newsrelease/edu-info/post-568.html

http://www.miyazaki-u.ac.jp/public-relations/20201026_01_press.pdf

過去の記事

このページの先頭へ