博士課程

アドミッションポリシー

  本研究科は、高度専門職業人としての医師、獣医師及び研究者・教育者の養成を主眼とし、医学・獣医学の分野において自立
して研究活動を行うのに必要な高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とし、医学・獣医学の発展と社会の
福祉の向上に寄与することを使命とします。
  したがって、本研究科では、次のような人材を求めています。
                
   ・高度専門職業人として先端的医療を実践するために、高度な専門性と研究マインドを培い指導的臨床医並びに
    獣医師を志す人材
   ・医学・獣医学の特定の専攻分野において深い学識と研究者能力を培った国際的に活躍できる研究者及び教育
    者を志す人材
   ・他分野で培った専門能力を基盤として、生命科学分野での学際的研究を開拓し、人々の福祉と健康増進に寄
    与することができ、国際的に活躍できる研究者及び教育者を志す人材
                
 ①高度臨床医育成コース
   高度な専門性、医療情勢の変化に対応する能力、優れた研究能力を持った指導的臨床医を志す人材(医師)を求めます。

 ②高度獣医師育成コース
   すでに獣医師として現場で活躍しつつ、より高度な専門技術と研究能力を身につけたいという明確な目的意識を有する人材、
 あるいは産業動物獣医師の指導に当たる農業連合会や家畜衛生、公衆衛生関係の官公庁に所属し指導的獣医師として活躍
 たい人材を求めます。新規卒業生においては、学部教育で培われた知識や技術をさらに発展させ、より高度な専門性を求める
 モチベーションの高い人材を求めます。

 ③研究者育成コース
   幅広い基礎知識や社会変化に対応する能力を有して自立した研究者として、医学、獣医学、及び両分野に関連した研究領域
 で国際的に活躍する研究者及び教育者を志す人材を求めます。本コースでは、医学部、獣医学部を卒業した者だけでなく、歯学
 ・薬学部を卒業した学生や、他の研究分野の修士課程修了者など他分野で培った専門能力を基盤として、生命科学分野での学
 際的研究を開拓し、将来、人々の福祉と健康増進に寄与することを志す人材も積極的に受け入れます。
                
                
                

ディプロマ・ポリシー

  本専攻では、以下の資質・能力を身に付けるとともに、所定の期間在籍し、基準となる単位を修得し、研究論文審査と最終試験に合格した学生に、修了を認定し、学位(博士号)を授与します。
                
 ①高度臨床医育成コース
  ・高い倫理観を備え、専門性の高い診断・治療技術に裏打ちされた高度な研究マインドを持った指導的臨床医としての能力
  ・臨床と研究をバランスよく経験することにより、双方を兼ね備えた高度臨床医としての能力
  ・医学・獣医学の連携・融合領域における診断・治療学の知識の習得と、研究を遂行する能力
  【学位】博士(医学)
                
 ②高度獣医師育成コース
  ・高い倫理観を備え、専門性の高い診断・治療技術に裏打ちされた高度な研究マインドを持った指導的臨床獣医師としての
   能力
  ・獣医臨床と研究をバランスよく経験することにより、双方を兼ね備えた高度臨床獣医としての能力
  ・医学・獣医学の連携・融合領域における診断・治療学の専門知識の習得と、研究を遂行する能力
  【学位】博士(獣医学)
                
 ③研究者育成コース
  ・高い倫理観と研究技術に裏打ちされた国際的な研究を実践できる能力
  ・医学・獣医学の両分野を横断的に理解し、先駆的な研究および医・獣医療を推進できる能力
  【学位】博士(医学)又は博士(獣医学)
                
                
                

カリキュラム・ポリシー

  医学獣医学専攻では、ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)に掲げる資質・能力を備えた人材を養成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。
                
【教育課程の編成】
 本専攻では、医学・獣医学の連携・融合した研究の基盤となる科目として「研究基盤科目」とコース毎の「研究科目」、「特別研究科目」、「研究指導科目」でカリキュラムを構成しています。
 高度臨床医育成コース、研究者育成コースでは、獲得した知識や技能を統合し、課題の解決と新たな価値の創造につなげていくために、学術論文を作成する論文作成特別研究の科目を設置します。
 高度獣医師育成コースでは、修得した知識や技能を統合し、課題解決のための論理的思考力を涵養し、新たな課題の発見につなげるために、学術論文を作成する論文作成特別研究の科目を設置します。

【教育内容・方法】
 ①高度臨床医育成コース
   ・複数指導体制の下で、症例検討会に参加し、症例研究、臨床研究を行い、学会発表、論文作成を行い、各分野別の
    臨床研究を自立して遂行し得る能力を修得することを到達目標とします。
   ・研究科目では、臨床研究を遂行するために必要な基礎知識を体系的に修得するとともに、ヒト由来検体を扱う際に
    生じる倫理問題について学びます。
   ・特別研究科目では、各専門分野で臨床研究を遂行するために必要な基礎知識を修得させます。
   ・研究指導科目では、疾病の成因、新しい安全な診断・検査・治療法の開発・評価、臨床疫学など、患者に対する診療を
    通じた臨床研究のテーマを課し、博士論文作成のための研究指導を行います。
   ・研究科目及び特別研究科目では、各医学専門学会での専門医資格取得を視野に入れた診断・治療技術を修得させます。
                
 ②高度獣医師育成コース
   ・複数指導体制の下で、獣医診療において専門性の高い診断・治療技術を修得し高度な研究マインドを有する指導的
    獣医師の育成を目的とする。本コースは、獣医療に軸足をおいた他に類を見ない特色あるコースとします。
   ・研究科目では、学部教育よりも専門的に高度に細分化した教育(獣医周産期特論、牛の脂質代謝障害特論、獣医
    循環器学、食中毒特論など)と医学関係の先端的画像診断学や麻酔学などを取り入れた実践的教育を実施します。
   ・特別研究科目では、各専門分野で臨床研究を遂行するために必要な基礎知識を修得させます。
   ・研究指導科目では、それぞれの専門分野における研究のテーマを課し、博士論文作成のための研究指導を行います。
                
 ③研究者育成コース
   ・複数指導体制の下で実験・研究を行うとともに、ラボセミナーに参加するほか、学会発表、論文作成を行い、先端的な
    医学・獣医学の研究を自立して遂行し得る能力を修得することを到達目標とします。
   ・研究科目では、医学・獣医学分野での研究を遂行するために必要な知識を体系的に修得させます。
   ・特別研究科目では、自立した研究者に求められる資質や能力とともに、各専門分野で研究を遂行するために必要な
    基礎知識や実験手技を修得させます。
   ・研究指導科目では、それぞれの専門分野における研究のテーマを課し、博士論文作成のための研究指導を行います。
                      
【学修成果の評価】
 1.学修目標の達成水準を明らかにするために、成績評価基準・方法を策定・公表します。
 2.個々の授業科目においては、成績評価基準・方法に基づき、定量的又は定性的な根拠により厳格な評価を行います。
 3.学修成果を把握するために、教育活動、学修履歴、及び学生の成長実感・満足度に係わる情報を適切に収集・分析します。
 4.ディプロマ・ポリシーに基づく学生の学修過程を重視し、在学中の学修成果の全体を評価します。
 5.学生が学修目標の達成状況をエビデンスを持って説明できるよう学修成果の可視化を行います。


             

修士課程

アドミッションポリシー

  本専攻は、医学と獣医学を融合した高度な研究活動を実践している本研究科博士課程への進学を視野に入れた教育研究を行うものであり、また、地域社会の要請に応えうる人材の輩出を考慮した教育研究を目指すものです。そして、本専攻での修学は、医学・獣医学分野及び医療社会学分野の研究と教育、あるいは高度な診療支援に携われる人材の養成を主眼としており、生命科学の発展と社会の福祉の向上に寄与することを使命としています。
  したがって、本専攻では、次のような人材を求めています。
                
①生命科学研究者育成コース
 将来、医学・獣医学領域の生命科学研究者としての道を志す農学、薬学(4年制)、理学、工学などの自然科学系学部卒業者、医療関連企業等で働く社会人及び畜産関係者。あるいは、社会学的側面から医学・獣医学領域生命科学の課題や医療に関する研究を志す人文社会科学系学部卒業生や畜産関係者。または、海外において6年制未満の課程を卒業した獣医学士。

②高度医療関連技師養成コース
 医療系専門学校や4年制大学学部を卒業後、専門職業人として医療現場で医療支援の実務に携わっている社会人。あるいは、将来、医療支援の実務に携わることを考えている4年制大学学部卒業生。

③生命倫理コーディネーターコース
 医療・福祉系の学部卒業生、農学・工学などの自然科学系学部卒業生、心理学、社会学、教育学、哲学、法学などの人文社会科学系学部卒業生など、幅広いバックグラウンドを持つ学部卒業生及び、臨床心理士や医療・看護・福祉関連の資格を有し実務経験と問題意識のある社会人。
                
                
                

ディプロマ・ポリシー

 本専攻では、以下の資質・能力を身に付けるとともに、所定の期間在籍し、基準となる単位を修得し、研究論文審査と最終試験に合格した学生に、修了を認定し、学位(修士号)を授与します。
                
①生命科学研究者育成コース
  ・医学・獣医学分野の知識や技能を横断的に広く理解できる能力
  ・高い倫理観を備え、医学・獣医学分野の研究を計画的に進め、それをまとめる能力
  ・国際的な医学・獣医学分野の情報を整理して活用できる能力
  【学位】修士(医科学)
      修士(動物医科学)
                
②高度医療関連技師・サービスイノベーション人材養成コース
  ・合理的、科学的な思考能力を有し、高度で先進的な医療支援に携われる能力
  ・当該領域の研究を計画的に進め、それをまとめる能力
  ・医療支援領域における後進の教育・指導に当たれる能力
  【学位】修士(医科学)
                
③生命倫理コーディネーターコース
  ・生命倫理に精通し、先端研究や臨床研究における研究倫理の問題に対応できる能力
  ・倫理的推論および臨床倫理コンサルテーションのスキルを駆使するコーディネート能力
  【学位】修士(医科学)
                
                
                

カリキュラム・ポリシー

  医科学獣医科学専攻では、ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)に掲げる資質・能力を備えた人材を養成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。
                
【教育課程の編成】
 本専攻では、医学・獣医学の連携・融合した研究の基盤となる科目として「研究基盤科目」と「コース別研究科目」でカリキュラムを構成しています。
 生命科学研究者育成コースでは、獲得した知識や技能を統合し、課題の解決と新たな価値の創造につなげていくために、学術論文を作成する生命科学研究の科目を設置しています。
 高度医療関連技師・サービスイノベーション人材養成コースでは、獲得した知識や技能を統合し,課題の解決と新たな価値の創造につなげていくために,学術論文を作成する専門技術学研究の科目を設置しています。
 生命倫理コーディネーターコースでは、臨床研究における倫理ガバナンスに関する基礎知識、ならびに臨床現場における倫理支援を担いうる人材として求められるコーディネート能力を習得するために、「生命倫理コーディネーター基礎演習」科目を設置しています。また、獲得した知識や技能を統合し、課題の解決と新たな価値の創造につなげていくために、学術論文を作成する「生命倫理コーディネーター研究」科目を設置しています。

【教育内容・方法】
①生命科学研究者育成コース
 研究基盤科目において生命科学の基盤的知識を教授し、その後、研究科目において、科学的な思考過程に涵養、生命科学関連領域に関する研究方法の理論、情報収集方法などを学び、生命科学研究において修士論文作成のための研究指導を行います。
                
②高度医療関連技師・サービスイノベーション人材養成コース
 種々の医療現場における専門的医療支援技能者が、合理的・科学的な思考能力を修得します。専門技術学基礎演習では個々の専門医療支援領域に関する最新の動向と技術の理論について学び、その後、各専門分野で研究を遂行するために必要な基礎知識と技能を修得させ、それぞれの専門分野における研究テーマにより修士論文作成のための研究指導を行います。
                
③生命倫理コーディネーターコース
 研究倫理および臨床倫理コンサルテーションの技能、倫理的推論のプロセスや医療現場のスタッフを支援するコミュニケーション能力を育成するために、国内外の実例に即して学ぶと共に、附属病院中央診療部門「臨床倫理部」との連携のもと、実践的な倫理相談業務に関する病棟実習を行います。また、生命倫理及び基礎医学に関する知識を修得した上で、医事法学、研究倫理・臨床倫理領域における最新の倫理指針や法律、社会環境疫学・医療統計学を学び、さらに専門的な倫理学的方法論、倫理的推論のプロセス、並びに倫理コンサルテーションのスキルを修得し、生命倫理領域における研究テーマにより修士論文作成のための研究指導を行います。  

【学修成果の評価】
1.学修目標の達成水準を明らかにするために、成績評価基準・方法を策定・公表します。
2.個々の授業科目においては、成績評価基準・方法に基づき、定量的又は定性的な根拠により厳格な評価を行います。
3.学修成果を把握するために、教育活動、学修履歴、及び学生の成長実感・満足度に係わる情報を適切に収集・分析します。
4.ディプロマ・ポリシーに基づく学生の学修過程を重視し、在学中の学修成果の全体を評価します。
5.学生が学修目標の達成状況をエビデンスを持って説明できるよう学修成果の可視化を行います。