ことばの世界

英語

世界の共通語としての英語

 世界で、母語として最も多く話されている言語は何かご存知ですか? 答えは中国語です。中華人民共和国の非常に多くの人たちが中国語を話します。一方、第二言語として話す人も含めた場合に最も多くの人に話されているのが、英語です。15億人、実に世界の約5分の1の人々が英語を使うとされており、その人数は今後も増えると言われています。世界の学術論文の4分の3が英語で書かれ、分野によっては英語の使用率が90%を超えます。国際ビジネスやソフトウェア開発の分野でも、そのやりとりの多くが英語です。

 日本語が、この英語のようには国際語でないことは残念ですね。しかし、英語を話す15億人のうち、英語が母語話者でない人は11億人もいるのです。つまり英語を話す人がこんなにも多いのは、母語が英語でない人たちが、英語を共通語としてコミュニケーションすることが増えているからなのです。共通語として英語を使えば、様々な文化的背景を持つ人々と話をし、意思を伝えあうことができます。そのような無数の結びつきが、今の世界を動かしていると言えるでしょう。そこでは、英語だけでなく日本語「も」話せる皆さんこそが、求められています。

 大学時代には、ぜひたくさん英語を使って、世界の様々な人たちとのやりとりをして下さい。宮崎大学には世界各国から数多くの留学生がやってきますが、留学生が使う共通語の多くは、やはり英語です。宮崎大学では、留学生を英語の授業に招いて英語で交流をしたり、留学生と英語で話す複数の課外活動が日常的に行われたりしています。研究室で留学生と一緒に作業することも少なくありません。海外留学やオンライン交流の実施や支援も積極的に行われています。個人で様々な交流を行っている学生もいます。大学時代に、英語を使って、驚きに満ちた世界をぜひ自分の目で確かめ、自分の手で触れてみましょう!

中国語

「你好!」

 外国語はその言語の話者がいる国や地域に行かないと使えないと思っていませんか?中国語は、中国や台湾、世界のチャイナタウンなどで話されていますが、日本(宮崎を含む全国各地)にいても身近な言語と言えます。現在でも約80万人の中国人が日本で暮らし、コロナ禍以前の2019年には、中国語圏(中国・台湾・香港)から1700万人近い人が日本を観光などで訪れました。ですから、皆さんの中にもこれまでに、中国語かな、と思う言語を街中で聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。あるいは、皆さんの親族の中に中国語圏の方と結婚した人がいるよ、という人もいるかもしれませんね。

 日本は、中国と長きにわたる歴史的文化的つながりを持ち、中国から伝わった文字や文化を独自に発展させることで、現在の国家の姿を作り上げてきました。先ほど、街中で中国語を聞く、という体験について紹介しましたが、江戸時代の長崎では、鎖国前には1万人、鎖国後も多い時には5000人もの中国人が生活をしていました。ただ、鎖国後は「唐人屋敷」と呼ばれる特定の地域(「屋敷」という言葉を使っていますが、建物ではなく、あるエリアを指します)で生活をしなければならず、長崎の人と日常的に接触することはありませんでした。それでも、中国からの貿易船はさまざまなものを長崎にもたらしました。砂糖もその一つです。九州北部には、長崎から小倉へと続く「長崎街道」、別名「シュガーロード」(お菓子屋さんが続く街道)がありますが、これも中国船との貿易があったからです。(砂糖はオランダからも輸入されています)

 明治期には日本で先に欧米語の翻訳が進んだことから、その後間もなく、清末や中華民国初期の中国には漢字語彙が多数逆輸入されました。「社会」「経済」「文化」などはその例です。それまでは、漢字語彙は中国から日本へと流入し、日本がそれを受容していたのですが、そうした状況にも変化が生じました。皆さんがよく知っている「国語」という言葉は、紀元前4世紀には中国ですでに使われていた記録が残っています。その後、紀元後10世紀頃、言語の意味で使われ始めました。しかし、現在のような「標準語」「共通語」の意味を持つようになったのは20世紀初頭に日本から新たな意味を持つ「国語」が逆輸入されたからです。このように、日本と中国は、長く交流を続ける中で相互に文化を交換し合い、発展を遂げてきました。

 21世紀の中国語圏の国家・地域について考えてみると、1949年に建国された中華人民共和国は、この約70年の間にアメリカに次ぐ世界第二位の経済大国になりました。日本にとって重要な隣国ですから、中国との関係は今後もますます重視されると思われます。さらに、近隣の中国語圏という意味では、コロナウイルス対応で注目を集めた台湾や、また、1997年にイギリスから中国に返還された香港との関係も無視できません。

 中国語は、国際連合の6つの公用語の一つであるというだけでなく、世界的にみて重要かつ広範囲で使用される言語ですから、中国語学習によって皆さんの世界はこれから大きく広がるはずです。これまでの学びを中国語学習と結び付けることで、新たな世界観も獲得しましょう!

中国語学習について

 同じ漢字文化圏に属する言語ですので学びやすいとは思いますが、中国語習得には中国語独自の漢字字体と発音、文法の学習が必要です。お忘れなく!

 宮崎大学では、日本で最も一般的な中国語の検定試験「中国語検定試験」でいえば、準4級から3級合格レベルの授業が用意されています。中国語を専門としない大学生の場合、3級は一つの目指すべきゴールです。2級レベル以上を目標とする場合はぜひ現地留学を実現しましょう。中国・台湾に協定校があり、交換留学も可能です。まずは短期留学から始めるのもいいですね!

韓国語

楽しい韓国語の世界へようこそ

アンニョンハセヨ! 日本から最も近い国、韓国。そして、日本語に最も近い言語、韓国語。韓国語を学ぶ世界の人々は年々増加していますが、韓国語が一番習得しやすいのは日本語話者なのです。K-popから韓国ドラマや映画、韓国料理、ファッション、ビューティー、観光や留学、北朝鮮に至るまで、韓国語学習のための理由はいくらでもあります。歴史、経済、政治、文化全般に亘ってお互い離れられない日本と韓国だからこそ、今学んだ韓国語は確実に将来につながるはず。宮崎大学の韓国語授業では、次のようなことを目指します。

韓国語とハングルの基礎が習得できます。

 韓国語は、日本語と非常に似ている言語です。語順や助詞、活用など文法が似ているだけでなく、日本語と同様に漢字語があり、発音まで似ている単語がたくさんあります。例えば、日本語の「散歩」「計算」「温度」「気分」「都市」「無理」などは韓国でもそのまま通じる位です。英語などが苦手な人でも韓国語なら比較的簡単に身に付くといったケースも多いのです。まずは、ハングル(文字)から、しっかり覚えていきましょう。

ネイティブの先生によるアクティブラーニングが受けられます。

 授業は、分かりやすい教科書を使っての丁寧な文法説明と、身に付く楽しい会話練習など言葉の学習だけでなく、映像資料などを用いた韓国文化・生活の紹介、韓国人留学生との交流などが盛り込まれます。少し韓国語が身についてきたら、検定試験に挑戦するのも良いでしょう。宮崎大学では、韓国語検定試験の対策講座も提供しています。また、韓国語スピーチ大会などのイベントにも参加できるチャンスがあり、韓国の協定大学への留学、学生交流などの制度を利用して、直接韓国に行くこともできます。

入門から中上級の韓国語まで、レベルに合わせて学べます。

 宮崎大学の韓国語の授業は、1年次前期(韓国語入門・基礎)>1年次後期(韓国語初級・応用)>2年次前期(韓国語中級・留学なども可)>2年次後期以降(韓国語中上級・留学帰りの3、4年生も)と進み、ベースをしっかり構築しながらのレベルアップを図ります。最近は、入学時にすでに韓国語がある程度分かるという学生も多く、自分のレベルに合わせて受講することも可能です。

単位を取るだけの韓国語授業ではありません。単なる記号だったハングルが文字に見え、ドラマのセリフの意味が分かってき、韓国人と会話できるようになり、ひいては世界が広がる掛け替えのない楽しさを、韓国語の学習を通じて満喫してほしいと思います。

ドイツ語

ドイツはどんな国?

 皆さんは、「ドイツ」と聞いて何を思い浮かべるでしょう?サッカーのワールドカップでドイツ代表は常勝チームの一つです。ディズニーランドのシンデレラ城やグリム童話のキャラクターたちはドイツ出身です。バッハやベートーヴェンの音楽は世界中でこよなく愛されています。ドイツの街中を眺めると、緑に囲まれたカフェで多くの人々がビールやソーセージを楽しんでいます。雪の中に浮かび上がるクリスマスマーケットの姿は、まるで幻想世界の光景のようです。ベンツやBMW、ポルシェなどの高級自動車メーカーは有名ですが、再生可能エネルギーやごみのリサイクルに力を入れている環境先進国もドイツです。歴史を遡れば、ヒトラー率いるナチスドイツの時代がありました。戦後は「ベルリンの壁」によって長らく東と西に分断された時期もありました。再統一から30年を超えた現在、世界の中でドイツの存在感はますます大きくなっています。また、ドイツでは「歓迎の文化」によってさまざまな人々や文化が共存しています。

 この概要を読んでいる皆さんは、Sandmann「ザントマン」やAmpelmann「アンペルマン」、Maus「マウス」といった言葉をネットで検索してみてください。ドイツで人気のかわいらしいゆるキャラの姿を見ることができるでしょう。きっとドイツは、皆さんの想像をはるかに超えた、色とりどりの楽しい国です。

ドイツ語はどんな言語?

 ドイツ語は、主にドイツ、オーストリアとスイスの一部で話されている言語です。英語と同じくゲルマン語を祖先としていますので、両言語の文法や語彙は似ていて、英語を学んだ人にとってドイツ語は親しみやすいでしょう。名詞の性の区別や少し複雑な語形変化もありますが、新しく学ぶ言葉に新鮮さを感じる人も多いでしょう。ドイツ語を用いて思索し、新しい言葉や概念を創出した詩人や哲学者はたくさんいます。ゲーテやシラー、ハイネ、カントやヘーゲル、ニーチェ、ハイデガーたちは、皆ドイツ語の世界の中を生きて、ドイツ語を用いて自らの思想を表現しました。

 ドイツ語の発音は、ローマ字読みに近いので、他の言語と比べても簡単です。たとえば、Name「名前」は[なーめ]、Tante「おばさん」は[たんて]です。ちなみに「ドイツ語」はDeutschと書いて[どいちゅ]と発音します。国名「ドイツ」はDeutschland[どいちゅらんと]です。ドイツ語はほかにもかわいらしい響きを持つ単語がたくさんあります。

授業内容

 1年前期の初修ドイツ語はアルファベットから始め、Guten Tag[ぐーてんたーく]やDanke schön[だんけしぇーん]などのあいさつ表現や数字、そして初級文法を中心に授業を進めます。語学の学習だけでなく、ドイツ映画を鑑賞したり、ドイツ語の歌を歌うこともあるかもしれません。担当教員はドイツ語圏の文化や社会について熱く話すこともあるでしょう。また、1年後期から始まる選択ドイツ語の授業では、ドイツ語検定試験の対策を行うこともあります。

フランス語

 世界の色々な情報が絶えず入ってきている現在の日本では、フランス語はまだまだ文化や学問、ファッションや料理・スイーツのジャンルでは根強いものの、海外の情報が少なかったかつてほどには憧れられたり、目立ったりする言語ではなくなってきました。しかし、今ではフランスを意識しないくらい身近なところにフランス語が溶け込むようになっているようです。皆さんの住むマンションにも「メゾン」「プレジール」「グランパレ」などの名前がついているところがあるかもしれません。皆さんも飲んだことのある「エヴィアン」や「ボルヴィック」などの水、どちらもフランス発(もちろんフランス語)です。化粧品ブランドの「マキアージュ」、案内人をさす「コンシエルジュ」、市場を意味する「マルシェ」、昔はベストと言っていた「ジレ」なんかもいつの間にか私達の生活の中に定着しつつあります。宮崎には「ファミーユ」という葬儀屋さん、「りーぶる金海堂」という本屋さんがありますね。これらもフランス語です。あ、2行目の「ジャンル」も実はフランス語です。

 世界を見ると、例えばオリンピックでの表彰式では、開催国の言葉や英語とともにフランス語のアナウンスを聞くことができるでしょう。また、国連での公式印刷物は、少なくとも英語とフランス語で書かれることが義務付けられており、フランス語は国際語として大きな影響力があります(ヨーロッパの外交条約で英語が使われるようになったのはわずか100年前です。それ以前はフランス語)。母語あるいは公用語としてフランス語が使われているところは、何と世界33カ国と3地域にもおよびます。フランス語はフランスでしか使われていないのではなく、日本や世界において、店の名前から商品名、そして母語から国際語として、いろいろな形で世界において使われている言語なのです。英語ももちろん大事ですが、フランス語を学んで世界を見ることで、日本語と英語だけの世界では見えなかった新しい世界が一気に広がるのです。

 ただ、「フランス語は読み方が難しい」とか「発音が難しい」というイメージもありますよね。恐らく皆さんの間ではそんな噂を聞いたことがあるのではないでしょうか。実は、読みに関しては英語よりも規則は少ないようです。いくつか独自の規則さえ理解すれば、あとは初めてみる単語でもほぼ読めるようになります。個別対応で学んでいた英語や漢字の読みよりははるかに楽ですよ。発音に関しては・・・日本人には難しい点は確かにあります。 そこで宮崎大学では、例えば水泳教室でゆっくり泳ぎ方を習うように、フランス語の発音を口の運動として、理論的に、ゆっくり教えます。フランス語の発音をゆっくり練習することで、フランス語の発音がきれいになるだけではなく、英語や日本語の発音にもいい影響が出るようになるでしょう。実際、フランス語のou(日本語のウにちかい発音)の音を(日本語の)カラオケに応用したら、すごくきれいに歌が聞こえるようになった!という学生さんの報告もありました。あと、口の筋肉が刺激されるので口角も上がり美顔効果も期待できるかもしれません(これは今のところ報告待ちですが・・・)。

 このような感じで、宮崎大学では、単にフランス語を学ぶだけではなく、フランス語を学ぶこと自体をあなたの日常の色々なことに応用できるよう、ゆっくり楽しく学べる環境を作っています。それでは、教室でお会いしまししょう。

日本語

日本語学習者(にほんごがくしゅうしゃ)の皆(みな)さんへ

世界中(せかいじゅう)、数(かず)ある大学(だいがく)から宮崎大学(みやざきだいがく)を選(えら)んで留学(りゅうがく)いただきありがとうございます。
また、数(かず)ある言語(げんご)から、日本語(にほんご)の学習(がくしゅう)を選(えら)んでいただきありがとうございます。
日本語(にほんご)は、難(むずか)しいところもありますが、もっと日本(にほん)のことが分(わ)かるように、楽(たの)しく一緒(いっしょ)に学(まな)びましょう。

留学生(りゅうがくせい)、これから日本語(にほんご)を学(まな)ぶ皆(みな)さんへ

日本(にほん)の文化や、日本(にほん)での就職(しゅうしょく)などに興味(きょうみ)はありますか?日本語(にほんご)は、たくさんの漢字(かんじ)があって、難(むずか)しそうですね。
でも、簡単(かんたん)な会話(かいわ)をすることは、実(じつ)は、それほど難(むずか)しくないですよ。

日本(にほん)で生活(せいかつ)する皆さんは、日本語(にほんご)を学(まな)ぶと、日本(にほん)のことがもっとよくわかり、今(いま)よりもっと生活(せいかつ)が楽(たの)しくなると思(おも)います。
一緒(いっしょ)に日本語(にほんご)を学(まな)びましょう。

日本語母語話者の皆さんへ

 日本語教育は、基本的に「日本語学習者のための教育」と思われるかもしれません。しかし、実はそれだけではないのです。相手にわかりやすい語彙で意味を伝える技術、日本語の使い方をわかりやすく説明する技術、こうしたことも日本語教育にとって大切な目標になっています

 今は、多くの海外出身の方が日本に居住されています。日本在住の外国人は、英語話者より日本語話者の方の方が多いといわれています。とはいえ、日本語には海外出身の方にとって難しい言葉がたくさんあります。日本語母語話者のみなさんは、これを「やさしい日本語」で伝えることができますか?どれだけ(国語としてではなく)日本語を理解していますか?日本における多文化共生社会の中では、「やさしい日本語「「伝わる日本語」を使えることがとても大切になってきています。

 日本語教育について、学んでみませんか?宮崎大学では、国立大学で唯一、社会人、学生のすべてに開かれた文化庁届受理の日本語教師養成研修を開講しています。日本語を教えることで、世界とつながることができますよ。

宮崎大学履修証明プログラム「宮崎大学420単位時間日本語教員養成プログラム」


PAGE TOP