宮崎大学 工学部 電子物理工学科

Japanese English

教育

アドミッションポリシー

1. 教育理念(教育理念・目標、育成する人物像)

 本学科では、以下の知識や能力を持つ技術者の育成を行っています。

  1. 自然界や社会における問題や、科学や技術の社会に対する役割を理解する能力
  2. 電子物理工学分野の専門技術者として必要な基礎および専門的な知識と技術
  3. コミュニケーション能力
  4. 技術者としての倫理観
  5. 課題を見出し解決に向けて実践的に対応できる能力
2. 入学者受け入れ方針(求める人物像)

 本学科は、現代産業の発展に寄与できる科学技術者の育成を目的とした教育を行います。特に、太陽光発電やエネルギー計測といった最先端の産業分野に象徴される高度技術社会に対応できる人材の育成に力を注ぎます。また、その教育方針に沿って、基礎的な物理学から最先端科学技術の理解へ繋がる教育内容を整備しています。
 したがって、本学科では次のような人を求めています。

  1. 自然科学や科学技術に強い関心があり、それらを生かして将来社会の役に立ちたいと思っている人
  2. 数学、物理学などの基礎的学力を有し、持続して勉学に取り組むことのできる人
  3. 日本語での講義を理解でき、基礎的な英語力を持つ人
  4. 課題の解決へ向けて積極的に行動できる人
3. 入学者選抜の基本方針

 本学科における入学者の選抜にあたっては、基本的には電子物理工学の基本となる基礎学力と理数系の思考力・応用力を見ますが、多用な観点から受験生の学力や資質をみるため、以下の試験方法によって積極的に学生を受け入れます。

 【一般入試】
 (前期日程・後期日程)
 電子物理工学科で学ぶのに必要な基礎学力を備え、理数系の特定の科目に優れた能力を示す人を受け入れます。

 【推薦入試】
 (センター試験を課す推薦入試)
 電子物理工学科で学ぶのに必要な基礎学力を備えるとともに、技術と科学に対する強い興味や意欲を持つ人を受け入れます。
 (センター試験を課さない推薦入試)
 主に職業系高校において技術と科学に対する強い興味や意欲を持つと同時に、入学後電子物理工学科で学ぶのに必要な基礎学力を、幅広くかつ高いレベルで身につけている人を受け入れます。

 【編入学試験】
 (推薦入試・一般入試)
 主に高専や大学から、3年次から電子物理工学科で学ぶのに必要な基礎学力を備え、専門技術者への強い志向を持つ人を受け入れます。

 【帰国子女入試】
 帰国子女入試に該当し、電子物理工学の基本となる数学、物理、化学などの理数系科目に特に興味があり、それらの科目の基礎学力を持っているとともに、国際化に対応できるコミュニケーション能力の習得にも興味を持っている人を受け入れます。

 【私費外国人留学生入試】
 電子物理工学の基本となる数学、物理、化学などの理数系科目に特に興味があり、それらの科目の基礎学力を持っているとともに、国際化に対応できるコミュニケーション能力の習得にも興味を持っている人を受け入れます。

4. 高等学校等で履修すべき科目、取得しておくことが望ましい資格等

 高等学校の教育課程や入試区分等の違いもあるため、理解のレベルは個人により異なりますが、入学後の科目履修において支障が生じないためには、高等学校で履修すべき教科・科目について偏りなく履修しておくことが必要です。特に、電子物理工学分野の中核的科目である数学と物理については、それらの基本的な知識と理解を有し、さらに教科書レベルの標準的な問題を解くことができることを求めます。
 なお、一部の科目に学力の不足がある場合も、入学後の修学に支障を来たさぬよう、初年次教育などにおいて配慮します。また、編入生については、これらに加え、編入後の科目履修において支障が生じないためには、電子物理工学科で2年次までに取得する基礎教育科目、専門基礎科目(数学と力学や電磁気学をはじめとする物理系科目)を履修していることを望みます。

カリキュラムポリシー

 電子物理工学科では、その教育理念に基づき、ディプロマポリシーに挙げた技術者を養成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し、教育を実施します。

【教育課程の編成の方針】

  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のため、基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション、専門基礎)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)と学士力発展科目を設置します。
  2. 科学技術者として、社会に対する役割を理解し倫理観を身につける科目を設置します。
  3. 工学基礎科目と学科専門科目を段階的に設置します。
  4. 自分の考えを正確に伝えられるプレゼンテーション能力を養う科目を設置します。
  5. グローバルな世界に対応できるような英語及びコミュニケーション能力を養う科目を設置します。
  6. 文献検索や調査を通して問題点を見出し、与えられた条件で実践的に解決にむけた取り組み方をまとめられる能力を育成します。

【実施の方針】

  1. 各科目について、教育目的、教育目標、授業計画、成績評価基準、成績評価方法をシラバスに明示し、ホームページにより周知します。
  2. 成績評価基準、成績評価方法に基づき厳格な評価を行います。
  3. 4年間を通した少人数授業により、個人の到達度合に応じた指導を行います。

ディプロマポリシー

 電子物理工学科では、宮崎大学学務規則に規定する修業年限以上在学し、各学科所定の単位数を修得し、且つ、卒業論文審査において、卒業研究の取組状況と研究成果から、下記で示す専門技術者としての能力を身につけたことが確認された合格者に対して卒業を認めると同時に、学士(工学)の学位を授与します。

  1. 自然界や社会における問題や、科学や技術の社会に対する役割を理解する能力
  2. 電子物理工学分野の専門技術者として必要な基礎および専門的な知識と技術
  3. コミュニケーション能力
  4. 技術者としての倫理観
  5. 課題を見出し解決に向けて実践的に対応できる能力

学習・教育到達目標

2017年4月改定

 本学科では、これからの産業の発展に寄与できる科学技術者の育成を教育目的としています。その中でも特に、電子工学・物理工学の知識と技術を有した高度技術社会に対応できる人材の育成に力を注いでいます。これを踏まえ本学科では、学習・教育到達目標を以下の通り定めています。

【A】技術者としての基礎的素養の育成

  1. 自然界や社会における問題を様々な立場から理解する能力を身につける。
  2. 社会における工学の役割や使命を理解し、技術者として必要な技術者倫理や情報倫理を身につける。

【B】電子物理工学における基礎および専門知識とその技術の育成

  1. 数学・物理学を中心とした工学基礎知識を習得する。
  2. 工学の基礎となる力学、電磁気学、物性物理学、量子力学、電気回路などに関する知識を習得する。
  3. 実験によって物理現象を確認するとともに、実験技法を修得する。
  4. 電子物性工学、物理計測工学に関わる基本原理を理解し、その応用能力を身につける。

【C】コミュニケーション能力の育成

  1. 自分の考えを論理的にまとめ、相手に文書やプレゼンテーションで正確に伝えると共に、相手の話している内容を理解する能力を身につける。
  2. 円滑な課題解決のためのチームワーク力を身につける。
  3. 工学的な内容について書かれた英語文献等を理解するための基礎的能力を身につける。

【D】課題を見いだし解決に向けて適切に対応できる能力の育成

  1. 与えられた課題を達成する過程において、情報を収集、分析し自ら問題を発見し、その背後にある課題を見つけそれらを整理する能力を身につける。
  2. 課題を論理的に考察し、解決できる能力を身につけ、その結果をまとめることができる。
  3. さまざまな条件を考慮して問題を解決するための仕組み(手順)を構築する能力を身につける。
  4. 自主的・継続的に課題に取り組む能力を身につける。

2014~2016年度入学生用学習・教育到達目標はこちら


【各目標と科目との対応】

学習・教育到達目標に対するカリキュラム設計方針

学習・教育到達目標 カリキュラム設計方針
(A)
技術者としての基礎的素養の育成
A-1: 自然界や社会における問題を様々な立場から理解する能力を身につける この目標は、社会と自然に関する知識を理解し、それに基づいて適切に行動する能力を涵養するために掲げており、1年次および研究室選択前の3年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は、共通教育では「専門教育入門セミナー」、専門科目では「電子物理工学セミナー」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
また、「現代の社会と倫理」(工学部では「環境と生命」)も付随的にこの目標を含んでいるので、同様に評価する。
A-2: 社会における工学の役割や使命を理解し、技術者として必要な倫理や規範を判断できる能力を身につける この目標は、技術が公共の福祉や環境保全に与える影響や技術者としての倫理を理解し、それに基づいて適切に行動する能力を涵養するために掲げており、1、2年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は、共通教育では「情報・数量スキル」、専門科目では「技術者倫理と経営工学」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
(B)
電子物理工学における基礎および専門知識とその技術の育成
B-1: 数学・物理学を中心とした工学基礎知識を習得する この目標は、電子物理工学における数学・物理学に関する知識を習得し、その知識を組み合わせて応用する能力を涵養するために掲げており、1、2年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は、共通教育では「数学の考え方」、専門科目では「数学解析I」「物理数学」「線形代数」「応用数学I」「工学のための物理学」「数学解析II」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
また、「数学解析II」「数学解析III」「応用数学II」も付随的にこの目標を含んでいるので、同様に評価する。
B-2: 工学の基礎となる力学、電磁気学、物性物理学、量子力学、電気回路などに関する知識を習得する この目標は、電子物理工学における専門知識を習得させるために掲げており、主に1、2年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は全て専門科目であり、「力学I」「物理科学」「電磁気学I」「熱力学」「量子力学」「電気回路I」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
また、「力学II」「電磁気学II」「電気回路II」「光エレクトロニクス」も付随的にこの目標を含んでいるので、同様に評価する。
B-3: 実験によって物理現象を確認するとともに、実験技法を修得する この目標は、電子物理工学において必要になるハードウェア・ソフトウェアを利用する能力を習得させるために掲げており、主に2、3年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は全て専門科目であり、「電子物理工学実験I」「電子物理工学実験II」「プログラミング言語」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
また、「基礎物理学実験」「データ処理工学」「数値解析」も付随的にこの目標を含んでいるので、同様に評価する。
さらに、この目標には選択科目として「基礎化学実験」も配置されており、それらは、この目標を到達するのに必ずしも必要では無いが、習得とすることでより高度なレベルに達することができる科目として設計した。
B-4: 電子物性工学、物理計測工学に関わる基本原理を理解し、その応用能力を身につける この目標は、電子物理工学における専門知識を組み合わせることも含めた応用能力を習得させるために掲げており、2、3、4年次に関連科目を履修するように設計され、「電子物性工学」「半導体物性工学」「放射線計測工学」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
また、「基礎化学」「半導体デバイス工学」も付随的にこの目標を含んでいるので、同様に評価する。
さらに、この目標には選択科目として「材料物性工学」「自然エネルギー応用工学」「環境計測工学」「電磁波工学」「統計力学」「ヘテロ構造デバイス工学」「電子物理工学特別講義」「基礎制御工学」の選択科目も配置されており、それらは、この目標を到達するのに必ずしも必要では無いが、習得とすることでより高度なレベルに達することができる科目として設計した。
(C)
コミュニケーション能力の育成
C-1: 自分の考えを論理的にまとめ、相手に文書やプレゼンテーションで正確に伝えると共に、相手の話している内容を理解する能力を身につける この目標は、情報や意見を他者に伝える能力を習得させるために掲げており、1年次および研究室配属後の4年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は共通教育では「大学教育入門セミナー」「専門教育入門セミナー」、専門科目では「卒業研究」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
C-2: 円滑な課題解決のためのチームワーク力を身につける この目標は、他者の発信した情報や意見を理解する能力、および、他者と協働する際に自己と他者のとるべき行動を判断し実験する能力を習得させるために掲げており、1、2年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は共通教育では「大学教育入門セミナー」「専門教育入門セミナー」、専門科目では「電子物理工学実験I」「電子物理工学実験II」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
C-3: 工学的な内容について書かれた英語文献等を理解するための基礎的能力を身につける この目標は、英語を用いて情報や意見をやり取りするための能力を習得させるために掲げており、1年次および3年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は専門科目であり「工学英語I」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
また、「工学英語II」も付随的にこの目標を含んでいるので、同様に評価する。
(D)
課題を見いだし解決に向けて適切に対応できる能力の育成
D-1: 与えられた課題を達成する過程において、自ら問題を発見し、それを整理する基礎能力を身につける この目標は、解決すべき問題を認識し、論理的に特定・整理・分析する能力を習得させるために掲げており、2年次および研究室配属後の4年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は専門科目であり「電子物理工学実験I」「電子物理工学実験II」「卒業研究」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
D-2: 問題を解決し、その結果をまとめて工学的に考察できる能力を身につける この目標は、立案した方針に従って問題を解決する能力、および、制約下で計画的に仕事を進める能力を習得させるために掲げており、2年次および研究室配属後の4年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は専門科目であり「電子物理工学実験I」「電子物理工学実験II」「卒業研究」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
D-3: さまざまな条件を考慮して問題を解決するための仕組み(手順)を構築する能力を身につける この目標は、専門的知識を系統的に適用し、制約条件を考慮して具体的な方針を立案する能力、および、必要に応じて計画を修正する能力を習得させるために掲げており、2、3、4年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は専門科目であり「電子物理工学実験II」「電子物理工学セミナー」「卒業研究」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
D-4: 自主的・継続的に課題に取り組む能力を身につける この目標は、将来にむけて継続的に研鑽する必要性を理解し、必要な情報や知識を獲得する能力を習得させるために掲げており、3、4年次に関連科目を履修するように設計されている。関連科目は専門科目であり「電子物理工学セミナー」「卒業研究」で構成されている。上記の科目では、シラバスに従い課されたレポートや定期試験の結果を総合して合格の可否を決定し、上記の科目全てを修得していることをもって到達目標を達成したと評価する。
flow

画像をクリックすると拡大できます

Page Top
Copyright © University of Miyazaki. All Rights Reserved.