アドミッションポリシー(入学者に要求する力)

 電気システム工学科はグローバル化した現在社会において,人類の福祉や社会生活に貢献できる工学技術者の育成を目的とした教育研究を行います.特に、本学科で教育研究の対象としている電気エネルギーシステムや情報通信システムはともに現在社会のライフラインを支える重要な社会基盤であり,安全・安心で,地球環境に優しく,かつIT技術を高度に利用する社会の発展に欠かせないものです.
 以上のような観点から,本学科は次のような人を求めます.

  1. 国際的な視野を有し,常に自分が何をもって社会に貢献できるかを問い続ける柔軟な考え方のできる人.
  2. 数学,理科,英語などの基礎的学力と基礎的なコミュニケーション能力を有している人.
  3. 問題解決へ向けて,自分から積極的に目標と計画を立て,強い意志をもって持続的に取り組むことができる人.

入学定員について

定員数:49名
  一般入試:前期日程 29名
       後期日程 10名
  推薦入試:センター試験を課す 5名
       センター試験を課さない 5名

編入学定員:工学部全体で10名

詳しい入試情報についてはこちらをご覧ください.