ロゴ
平成28年度科学技術人材育成費補助事業
ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)

宮崎大学国際シンポジウム
生命の成り立ち~異分野視点からの展開~
International Symposium on the Development of Life
-Unfolding with interdisciplinary views @ University of Miyazaki

 異分野融合を目的に本学女性研究者が企画するこのシンポジウムでは、「生命の成り立ち」をキーワードに、自然科学のあらゆる分野で活躍する研究者をお迎えします。研究領域を越えたセッションを通じて、生命の“これまで”と“これから”について新しい気付きが得られるかもしれません。ぜひお気軽にご参加ください!

  • 日時
    2017年12月11日(月)10:00~15:00 (受付9:30~)
  • 会場
    宮崎大学 創立330記念交流会館コンベンションホール
  • 参加対象
    学生・教職員、一般の方
  • 参加費
    無料
  • 使用言語
    英語 日本語同時通訳あり
  • プログラム
    10:00~10:10 開会挨拶 池ノ上 克 宮崎大学長
    10:10~10:15 概要説明 児玉 由紀 宮崎大学医学部発達泌尿生殖医学講座産婦人科分野 教授
    10:15~10:55 セッション1
    「Mitochondrial Metabolic Checkpoint, Stem Cell Aging and Rejuvenation」
    講師ダニカ チェン 氏 カリフォルニア大学バークレー校
    栄養科学・毒性学部代謝生物学科 准教授
    座長秋枝 さやか 宮崎大学フロンティア科学実験総合センター 准教授
    10:55~11:35 セッション2
    「Chemical History of Young Sun-like Stars: Why are we here?」
    講師坂井 南美 氏 理化学研究所 坂井星・惑星形成研究室 主任研究員
    座長前田 幸重 宮崎大学工学教育研究部工学基礎教育センター 准教授
    11:35~13:15 昼食・休憩
    13:15~13:55 セッション3
    「Interdisciplinary Perspectives for Life-Nature and Society Development」
    講師ティティズイン 氏 宮崎大学工学教育研究部電気システム工学科 教授
    座長横田 光広 宮崎大学工学部長
    13:55~14:55 セッション4
    基調講演
    「Passion Leads to Destiny」
    講師チェリー C. ウイ 氏 カリフォルニア大学アーバイン校 小児科新生児部門 部長
    座長児玉 由紀 宮崎大学医学部発達泌尿生殖医学講座産婦人科分野 教授
    14:55~15:00 閉会挨拶 伊達 紫 宮崎大学理事(女性活躍・人財育成担当)・副学長

ゲストスピーカーの紹介

チェリー C. ウイ 氏

チェリー C. ウイ 氏 Cherry C. Uy, M.D.

カリフォルニア大学アーバイン校 小児科新生児部門 部長
Division Chief and Medical Director, Division of Neonatology, Department of Pediatrics, University of California
Irvine, USA

ファーイースタン大学卒業後、医師免許を取得。フィリピン小児医療センター、アメリカ空軍医療センターで小児科インターンとして勤務。ニュージャージー医科歯科大学ロバート・ウッド・ジョンソンメディカルセンター小児科レジデント、カリフォルニア大学アーバイン校メディカルセンターでの新生児フェローシップを経て、2008年にNICU部長、2010年小児科教授に就任。2011年より同大学小児科副科長兼任。小児科新生児部門のスペシャリストとして活躍。

ダニカ チェン 氏

ダニカ チェン 氏 Danica Chen, Ph.D.

カリフォルニア大学バークレー校 栄養科学・毒性学部代謝生物学科 准教授
Associate Professor, Program in Metabolic Biology, Department of Nutritional Sciences and Toxicology, University
of California Berkeley, USA

厦門大学生命科学部卒業後、カリフォルニア大学バークレー校大学院で博士号(Ph.D. 分子細胞生物学)を取得し、マサチューセッツ工科大学博士研究員、カリフォルニア大学バークレー校栄養科学・毒性学助教を経て、2014年より現職。バークレー幹細胞センター及びQB3センター研究室主宰者(Principal investigator)も兼任。主に代謝調節・老化のメカニズム等の研究を行う。

坂井 南美 氏

坂井 南美 氏 Nami Sakai, Ph.D.

理化学研究所 坂井星・惑星形成研究室 主任研究員
Chief Scientist, Star and Planet Formation Laboratory, RIKEN

早稲田大学卒業後、2008年に東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程を早期修業年限特例にて修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学助教を経て、2015年理化学研究所准主任研究員として着任。2017年より現職。主に星や惑星の形成過程、星間空間における物質進化の研究等を行う。国際天文学連合(IAU)、日本天文学会、日本化学会会員。

ティティズイン 氏

ティティズイン 氏 Thi Thi Zin, Ph.D.

宮崎大学 工学教育研究部電気システム工学科 教授
Professor, Faculty of Engineering, University of Miyazaki

ヤンゴン大学理学部数学科卒業後、ヤンゴンコンピューター大学大学院修士課程情報科学専攻修了。2001年に来日し、2004年大阪市立大学大学院工学研究科前期博士課程電子情報系専攻を経て、2007年に同大学電子情報系専攻の博士号を取得。日本学術振興会外国人特別研究員、東京大学および大阪市立大学の特任助教を経て、2013年本学工学部准教授として着任。2016年より現職。主に人間の行動の理解、牛行動分析、ヘルスケアモニタリングシステム、画像認識等の研究を行う。IEEEのメンバーとしても活躍。

申込方法

申込フォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。
申込受付後は確認メールが送信されます。メールが届かない場合は受付が完了していない可能性がありますので、下記事務局へお問い合わせください。
なお、会場準備のため、事前申し込みにご協力ください。当日参加も可能です。

会場案内

宮崎大学木花キャンパス内
創立330記念交流会館コンベンションホール

〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
交通アクセスの詳細はこちら
  • チラシ
    PDFダウンロード
    pdf日本語

    日本語

    pdfenglish

    English

  • 主催
    宮崎大学
  • 企画
    宮崎大学国際シンポジウム実行委員会
  • 問い合わせ先
    宮崎大学清花アテナ男女共同参画推進室
    〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1
    Tel : 0985-58-7516 Fax : 0985-58-7508
    E-mail : info-athena(a)med.miyazaki-u.ac.jp ※(a)は @ に置き換えてください。