宮崎大学工学部 工学科応用物理工学プログラムApplied Physics and Engineering Program~サイエンスからものづくりまで広く工学を学べる~

プログラム概要

プログラム概要

応用物理工学プログラムは、半導体材料開発などに関わる「新材料・半導体分野」と、放射線計測などに関わる「量子・計測技術分野」の二つの分野からなっています。 本プログラムでは、物理学や数学などの基礎科学を系統的に学びながら現代物理学に対する素養を身につけ、光センシングやエネルギー変換、エネルギー計測などの最先端工学技術の開発を加速させ、来たる超スマート社会実現に寄与できる高度専門技術者・研究者の育成を目的とした教育研究を行います。

カリキュラム概要

全学で実施する基礎教育科目と工学部共通教育(ジェネラリスト育成)を履修し、続いて本プログラム科目(スペシャリスト育成)を履修する流れとなっています。プログラム科目では、まず物理学や数学などの基礎化学を習得し、その後、電子物性工学や物理計測工学の基本原理と基礎知識を習得します。演習や実験を併用することで、応用能力を有する創造性豊かな人材を育成する教育を行います。

PAGE TOP