Lee yongjae さん

2022年06月
飢えのない世の中のために 農学工学総合研究科
資源環境科学専攻
持続生産科学教育コース 3年
Lee yongjae さん

Q1あなたの研究テーマについて教えてください。

世界的に深刻化している砂漠化に備え、植物の生産性維持に関与する植物の応答と有用生化学物質についての研究です。特にマメ科植物の乾燥ストレスへの応答に対して、機能性生化学物質の合成とこれに伴う植物の耐性に関する分析を行います。これに基づき、気候変動に強い植物のための基礎資料として活用する方案を模索する研究です。

Q2いつ頃から大学院博士後期課程への進学を意識しましたか?

韓国で大学入学と同時に研究への深い興味を持ち、当時から博士後期課程への進学について意識していました。漠然と研究に対する憧れとともに、大学での実験授業に大きな面白さを感じました。大学卒業後、他の進路について悩まず修士への進学を決めました。修士進学以後、留学を決心して宮崎大学の博士後期課程に進学することになりました。

Q3大学院博士後期課程での学生生活について教えてください。

自身が進める研究を主に生活しております。実験を行い、研究論文を作成し、他の論文を読んで自分の研究について考察します。研究室で様々な研究について多くの話を交わすことができるようにしています。そして他の学生との交流のため、大学の「英語でしゃべろう会」に参加しています。

Q4次世代研究者挑戦的研究プログラムに採用後、何か変わりましたか?

より主導的に研究を計画・進行できるようになり、他の研究者との交流により自らの研究を点検する機会を持つことができ、研究に大きく役立っています。そしてプロジェクトで提供される授業を通じて、研究者としての資質を養っています。

Q5将来の目標について教えてください。

世界的に食糧問題に苦しむ人が多いため、植物ストレスへの応答に対して研究することで植物の生産性増大・ストレス耐性強化を通じて、このような問題に役立てたいと思います。また、自分の研究だけでなく、共同研究などを通じて世界的な共通の問題に役立つことを期待します。

inquiryお問い合わせ

本事業に関するお問い合わせは、
以下へお願いします。

宮崎大学 次世代研究者支援室

お問い合わせメールアドレス

PAGE TOP
Copyright © 2022 University of Miyazaki. All Rights Reserved.