プロジェクトについて

プロジェクト概要

2021年9月、「宮崎大学の異分野融合性の高さを活用した次世代研究者支援プロジェクト」が、科学技術振興機構(JST)の「次世代研究者挑戦的研究プログラム」に採択されました。 「次世代研究者挑戦的研究プログラム」は、我が国の科学技術・イノベーションの将来を担う存在である博士後期課程学生による挑戦的・融合的な研究を支援し、優秀な博士人材が様々なキャリアで活躍できるように研究力向上や研究者能力開発を促す事業です。

本プロジェクトでは、本学の異分野融合性の高さを活用し、個々の博士後期課程学生並びに学生の実施する研究とキャリア開発・育成コンテンツを一体的にマネジメントし、博士後期課程学生を様々なキャリアパスにおいて活躍できる博士人材へと導くことを目的とします。

そのため、本学と地域が連携して構築した既存・新規のプログラムを、挑戦的な研究を志向する有望な博士後期課程学生を対象として実施します。

優秀な博士後期課程学生に、研究奨励費(月額18万円)及び研究費(年額40~70万円)を支給することにより、学術研究に専念できる環境を提供し、指導教員だけでなく学内外(企業を含む)の異分野の専門家を相手とした共同研究等を行うことによって、トランスファラブルスキル(職種・地域・業界を超えて活用できる汎用性の高いスキル)と厳しい環境下でも負けない強さを身につけた次世代研究者を育成することを目的とします。

トランスファラブルスキルについて

本プロジェクトでは、以下のスキルの育成を目指します。

  • 対課題スキル:最終目的からステップを組み立てるプロジェクトメイク
  • 対自己スキル:自ら積極的に課題解決に取り組むマインドセット:プロジェクトマネージャー的資質
  • 対人スキル:相手に正しく効果的に伝えるプレゼンテーション能力・コミュニケーション能力・交渉力

次世代研究者支援室長挨拶

センター長の写真

 宮崎大学は、2021年10月より大学院(博士後期課程)の学生が研究に専念できるようバックアップする「次世代研究者支援プロジェクト」を始めました。それに伴い、本プロジェクトを推進するためにキャリアマネジメント推進機構に「次世代研究者支援室」を設置しました。室長の水光(すいこう)です。

 このプロジェクトは国立研究開発法人・科学技術振興機構(JST)の「次世代研究者挑戦的研究プログラム」事業を活用したものです。全国の大学から53件の応募があり、宮崎大学を含め数十校が採択されました。本学は2007年に全国で唯一の農工融合型の博士後期課程「農学工学総合研究科」を設置していることや、共同研究における産学官の連携体制、また国際共同研究成果など、これまでの取組が評価されました。

 支援対象者は、2019年度から2023年度入学の学生で、延べ50人程度を予定しています。2021年度は本研究科に在学中または秋入学者から募集し、本学理事や学外有識者らでつくる選抜委員会の書類審査と面接を経て、10人を決定しました。2022年度は、春及び秋入学者から4人採用の予定です。

支給額の内訳は、生活費月間18万円及び研究費年間40〜70万円(年間最大286万円)としています。

 次世代研究者の選抜において、JSTの「我が国の科学技術・イノベーションの将来を担う優秀な志ある博士後期課程学生の支援を強化する」趣旨に加え、本学はさらに「厳しい競争的環境においても負けない強さを身につけることが可能か否か」を選抜の観点としています。即ち、研究能力及びトランスファラブルスキル(対課題スキル、対自己スキル及び対人スキル)獲得可能性について評価することです。また、次世代研究者は、修了後も10年間JSTのいろいろな調査に協力することとなっています。「我こそは」と科学技術立国日本を背負いたい好奇心旺盛で積極的な学生諸君の応募をお待ちしています。

次世代研究者支援室長 水光 正仁

支援体制

支援体制図
支援体制図

inquiryお問い合わせ

本事業に関するお問い合わせは、
以下へお願いします。

宮崎大学 次世代研究者支援室

お問い合わせメールアドレス

PAGE TOP
Copyright © 2022 University of Miyazaki. All Rights Reserved.