宮崎大学 > 工学部 > 環境ロボティクス学科 > 研究

「機械」、「電気電子」、「自動車」、「ロボット」、「システム制御」、「医療機器」、「ソフトウェア」、「プラントエンジニアリング」などの多様な産業へ就職できます。また、さらなる高度な専門性を修得するために、大学院への進学も可能です。

 参考のために、本学科教員の研究室を卒業・修了した学生についての例を示します。

写真
  本学科で育ったエンジニアは業種を問わず様々な企業で求められています。
 (*宮崎県の企業)

     宮崎大学大学院、 大阪大学大学院、 九州大学大学院、 長崎大学大学院、など









写真  私が就職した安川電機は,産業用ロボット等メカトロニクス製品を行うメーカーで,特に産業用ロボットの生産台数では世界トップのシェアを誇っています。 私はコントローラ設計課に所属し,新しいコントローラの製品開発に携わっています。 コントローラとは、高速演算やIO制御、他機器との通信を行い、ロボットやサーボアンプへ指令を与え、動作させる装置です。 現在はコントローラ内部のモーション部を担当しており、様々な動作を指令できるよう新しいアルゴリズムの検討から、設計、評価、顧客からの問い合わせ回答など幅広く業務を行っています。 特に主業務である設計/開発の現場では,電気,機械,コンピュータなど融合した知識が必要で,制御系の研究室で学んだ知識は就職後に多いに役立っています。

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

Copyright © 2011, Faculty of Engineering, University of Miyazaki. All rights reserved.