宮崎大学 > 工学部 > 環境ロボティクス学科 > 概要

 人々が安心して生活を送れるような豊かな社会を実現するための自動化システムや福祉機器,ロボットなど自動化機器の開発は今後重点をおくべき分野です。本学科は国立大学で初めて「ロボティクス」名称を組み込みました。また,環境ロボティクス学科の「環境」は(1)社会環境(2)自然環境(3)生活環境を意味し,システム開発を通して,これらの環境をより良いものにすることを目指しています。


 以下のそれぞれの環境に関連した研究を少しだけ紹介します。(他の研究の紹介は「研究」のページで行っております。)


写真  国内で下水管は30万キロメートル以上,敷設されていますが,老朽化により陥没事故も多発しております。 しかしながら,下水管には人が入れないために,ロボット等による検査が必要です。以下はこの対策として, 環境ロボティクス学科で開発されたロボットです。このロボットの開発にも機械,電気電子,情報分野の融合された知識が必要です。
(左写真:下水管の老朽化による陥没事故の様子)






 植物工場やバイオガスプラントなどのシステムが相当します。





写真  学科では,高齢化社会に備え電動車いすの自動制御に取り組んでいます。(左写真:眼電位による電動車いすの制御)
 このシステムの開発では,学科で開講されている以下のような科目が対応します。





(1)男女問わず魅力ある教育と研究が実施されています。
(2)機械,電気電子,情報,化学の分野に就職できます。どの分野に就職するか
   は卒業までに決めればよいので,それぞれの内容を学び自分の興味がある
   分野に就職することが可能です。
(3)人々の生活や労働環境をより良いものにするロボット・機器などを開発する
   知識を教育し,近未来の生活環境を創設する人材を育成します。



 現在、科学技術の分野はますます細分化されていますが、実際の「ものづくり(製品開発)」には、異なる科学技術分野で得られた成果をうまくまとめあげる能力が不可欠です。

 本学科で学ぶことで、機械、電気電子、情報、化学などの各分野の基礎を習得するだけでなく、分野の細分化、先鋭化に対応する素養を身につけ、全体のシステムを把握した「ものづくり」を実践できるようになります。これらの能力を身につければ、工学分野に限らず、医学、農学分野への応用にもチャレンジすることができます。このような統合化能力を身につけた人材は、これからの社会でますます重要な役割を担うことになるでしょう。


 本学科で学び、近未来の生活環境を創生する特別な能力を身につけたエンジニアを目指しませんか。



2012年4月:環境ロボティクス学科設置、定員50名


〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

Copyright © 2011, Faculty of Engineering, University of Miyazaki. All rights reserved.