入試情報

【学部】3つのポリシー

農学部の教育理念

 農学部は、食料、環境、資源及び生命に関する基礎知識の理解をもとに、広い視野で物事を考える総合的判断力や問題解決能力を涵養しつつ、社会の要請に応えるための農学に関する高度な専門性と技術を修得させ、それらに関する問題解決を通じて地域と国際社会に貢献できる人材を育成することを理念とする。


農学部の教育目標

・幅広い教養と食料、環境、資源及び生命に関する基礎知識に加え、農学分野における高度な知識及び技術を用いて社会のさまざまな課題を探求し解決できる能力を養成する。
・フィールドにおける実践教育を推進し、農学分野において、地域と国際社会に貢献できる人材を育成する。
・専門技術者としての倫理観、情報収集能力、文章表現能力、プレゼンテーション能力及びコミュニケーション能力を高める教育を行う。


アドミッションポリシー

 農学部では、その教育理念にもとづいた教育目標を達成するために、「知識・理解」、「思考力」、「表現力」、「主体性」、「協調性」、「学問への関心」を有する人材を求めています。このために、一般、推薦、帰国子女、社会人、留学生、編入学といった多様な入試を実施し、それぞれの入試においては、客観的で透明性のある方法によって入学者を公平に選抜します。


農学部・6学科アドミッション・ポリシー

カリキュラムポリシー

 農学部では、その教育理念に基づき、食料、環境、資源及び生命に関する高度な専門性を修得し、総合的判断力と問題解決能力を通じて地域と国際社会に貢献できる人材を養成するため、以下の方針に 基づいて教育課程を編成・実施します。


農学部・6学科カリキュラム・ポリシー

ディプロマポリシー

 農学部では,宮崎大学学部規則に規定する修業年限以上在学し,各学科所定の単位数を修得し,以下の素養を身につけた学生に対して卒業を認定し,学士(農学)の学位を与える。

農学部・6学科ディプロマ・ポリシー



PAGE TOP