宮崎大学 産学・地域連携センター > 公開講座 受講生の声

地域連携活動

公開講座 受講生の声

「入門フランス語フランス文化」
清水 まさ志(語学教育センター 准教授)

 face216

  • 全然知らなかったフランスの文化・食・位についての考え方について知ることができてとてもよかったです。これからももっと深く学びたいと思いました。(10代、学生)
  • 元々は面白い講座はないかと宮崎大学のHPを見たことが私がこの講座に出会ったきっかけでした。とても生活に刺激が出て、新しい人たちとの出会いもあり、本当に参加して良かったと思います。(30代、会社員)
  • すばらしい企画をありがとうございました。トータルでとても勉強になりました。おかげさまでとても理解が広がり、今後の楽しみが増えました。(40代、団体職員)
 
「親子で太陽電池を学ぶ」
吉野 賢二(工学部 電子物理工学科 教授)

 face139

  • 小学3年生にとって難しいかなと思っていましたが、こんな機会はないと思いました。不安でしたが、スタッフの学生さんをはじめ、皆さまに対応していただき子どももびっくりするほど集中して聴いていました。宮崎大学の素晴らしさを認識しました。ありがとうございました。(保護者)
  • 大学の施設での実習は子どもにとって良い夏休みの経験となりました。ありがとうございました。(保護者)
  • 家でできない経験ができて、大学生と研究の気分を味わい理科好きになりました。工作もうまくでき、光を見ることができて設備見学までと盛りだくさんで、大満足でした。(保護者)
 
「「話す」と「書く」とを豊かに-ことばの表現が苦手なひとのために-」
塚本 泰造(教育学部 国語教育講座 教授)

face187 

  • 話すことと書くことがとても苦手でしたが、まずは相手に関心をもったり、自分の意見をいくつかだして考えると克服できるのだなぁとわかり、とても楽しかったです。(10代、学生)
  • まさか小学生から高齢者(私)までの年齢層が参加しているとは思っていなかったので、新鮮でした。(60代、主婦)
  • 世代・年代にとらわれない、こういう講座があるのはちょっとした楽しみになっていい。続けていって欲しい。(60代、臨時職員)
 
「医学部公開講座」

  • 地域医療の講座は、学生のロールプレイングは非常に興味をもちました。高齢化していく世の中でどこで死を迎えるかは大きな問題と思います。(70代)
  • この一週間、サブタイトル通り、毎日をすこやかに過ごすためのヒントがたくさん示されたと思います。そのヒントを活用しつつ、生活の質の向上に取り組みたいと思いました。健康に過ごすことは、多いに関心のあるテーマです。新しい情報・見解をこういった講座を通して教えていただけることは、大変有意義なことと思います。次回の講座にも期待をしつつ、また参加したいと思います。(50代、臨時職員)
ページトップへ