宿泊施設

宿泊施設

実習・研修など施設利用者の宿泊および畜産別科生の居室として使用されています。
宿泊施設は鉄筋コンクリート2階建てで、1階には40名以上分の食事を調理できる厨房があり、 施設利用者は自炊が可能な上、団体で利用する場合は事前申込みにより 【大学生協食堂】の職員が派遣され、 食事を提供することもできます。
約40名分の椅子と大きなテーブル(6台)が用意されている懇談室には、コンロ、流し、テレビ等が 備えられ、食事スペースとして利用のほか、PCプロジェクターを用いたセミナー等も行えます。

宿泊施設部屋 その他、浴場(一度に7~8人、広めの浴槽とシャワー4口)、小浴場(個別、シャワー2口)、男子トイレ、 女子トイレ、大部屋(8名)、小部屋(2名)が3室あります。2階には洗面室に洗面台及び3セットの洗濯機、 乾燥機があり、教官室と部屋(最大4名)が7室あります。各部屋には空調設備が完備され、ベッド、ロッカー、 ソファー、学習机(1台)が備えられています。今後の予定として、浴場の改修、Wi-Fiの導入などが計画されています。

また、この宿泊施設には、全国和牛能力共進会で全国一の実績を誇る宮崎県畜産農家の子弟を主とする 本学【畜産別科】(定員4名、期間1年) 学生が居住しており、現場における技術・知識・応用力に優れた彼らとの交流を通じて共に学ぶことができます。 これらのロケーションと施設により、全国の様々な機関の学生・社会人が学ぶ上で最適な学習環境を提供しています。