宮崎大学テニュアトラック推進機構

宮崎大学型若手研究リーダー育成モデル

若手研究者紹介

吉永尚紀テニュアトラック講師

研究分野:看護学系

研究課題:エビデンスに基づく認知行動療法の普及・改良・応用に関する研究

着任:平成27年1月1日

吉永講師のホームページ

 

略歴
2007年3月 千葉大学看護学部看護学科卒業(看護学士) 
2009年3月 宮崎大学大学院医学系研究科看護学専攻修士課程修了(看護学修士       2013年9月 千葉大学大学院医学薬学府博士課程短縮修了(医学博士)  

学位  医学博士(千葉大学 2013年)

職歴
2009年4月~2012年3月 千葉大学医学部附属病院精神神経科病棟(常勤看護師)
2012年4月~2013年3月 千葉大学医学部附属病院精神神経科病棟(非常勤看護師)2012年4月~2013年3月 千葉大学大学院医学研究院子どものこころの発達研究センター行動医科学部門(特任研究員)
2012年5月~現在 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター融合治療診断研究プログラム応用診断研究(MRI)チーム(客員協力研究員)
2013年4月~2013年9月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2013年10月~2014年12月 日本学術振興会特別研究員(PD)
2013年10月~現在 千葉大学大学院医学研究院認知行動生理学(非常勤講師)
2015年1月~ 宮崎大学テニュアトラック推進機構テニュアトラック講師

 研究内容紹介
私は現在、認知行動療法・認知行動理論を基盤とした基礎的・臨床的な研究に取り組んでいます。認知行動療法とは、時間限定的・現在焦点型・目標志向型の精神療法です。この治療では、生活上の困り事・問題を維持する「認知」や「行動」に焦点を当て、治療面接や宿題を通してこれらの修正を行っていきます。この治療法は、主に不安症やうつ病を抱える方に用いられますが、その他の精神疾患や身体的な問題を抱える方にも適用することができます。

主なプロジェクト:
研究①:認知行動療法の効果検証および普及に関する研究
研究②:認知行動療法の改良を目指した反すう(post-event processing)の心理学的実証研究
研究③:認知行動療法の応用に関する研究

研究業績 (着任後)
■ 原著論文
2016

  1. Kunikata H*, Yoshinaga N, Nakajima K. The Effect of Cognitive Behavioral Group Therapy for Recovery of Self-Esteem on Community-Living Individuals with Mental Illness: Non-Randomized Controlled Trial. Psychiatry and Clinical Neurosciences. (in press) (IF 2015: 2.03, 78/140 [Psychiatry], 111/192 [Clinical Neurology])
  2. Yoshinaga N*, Matsuki S, Niitsu T, Sato Y, Tanaka M, Ibuki H, Takanashi R, Ohshiro K, Ohshima F, Asano K, Kobori O, Yoshimura K, Hirano Y, Sawaguchi K, Koshizaka M, Hanaoka H, Nakagawa A, Nakazato M, Iyo M, Shimizu E. Cognitive Behavioral Therapy for Patients with Social Anxiety Disorder who Remain Symptomatic following Antidepressant Treatment: A Randomized, Assessor-blinded, Controlled Trial. Psychotherapy and Psychosomatics. 2016;85:208-217.
  3. Urao Y*, Yoshinaga N, Asano K, Ishikawa R, Tano A, Sato Y, Shimizu E. Effectiveness of a cognitive behavioural therapy-based anxiety prevention programme for children: a preliminary quasi-experimental study in Japan. Child and Adolescent Psychiatry and Mental Health. 2016;10:4. doi:10.1186/s13034-016-0091-x. 査読有
  4. 浦尾悠子*,石川亮太郎,吉永尚紀,清水栄司. 赤面を恐れる社交不安症に対する認知行動療法:Clark & Wellsモデルを用いた実践. 認知療法研究. 2016;9(1):66-74. 査読有

■ 解説・総説

  1. *Yoshinaga N, Nosaki A, Hayashi Y, Tanoue H, Shimizu E, Kunikata H, Okada Y, Shiraishi Y. Cognitive Behavioral Therapy in Psychiatric Nursing in Japan: A Literature Review. Nursing Research and Practice. 2015;2015:529107. doi:10.1155/2015/529107. 査読有

■ 著書

  1. *吉永尚紀, 清水栄司(共著). 社交不安障害とストレス. 丸山総一郎(編) 「ストレス学ハンドブック」, 創元社. 2015. pp194-204.
  2. *吉永尚紀(共著). 不安症の予防・診断・治療/社交不安症. 貝谷久宣ら(編)「不安症の辞典」. 日本評論社. 2015. pp60-63
  3. *吉永尚紀(共著). 不安症の予防・診断・治療/社交不安症. 貝谷久宣ら(編)「不安症の辞典」. 日本評論社. 2015. pp60-63

■ 外部資金

  1. 科学研究費補助金:若手研究B(平成27-28年度)(代表) 社交不安を維持する反すう(post-event processing)の実証研究. 総額351万円(平成27年度:総額182万円、平成28年度:総額169万円)
  2. 第47回(平成28年度)三菱財団社会福祉事業・研究 (代表) 職場における対人ストレス軽減に向けて:看護師に対するアサーティブ・トレーニングの短縮版プログラム開発および効果検証. 総額150万円
  3. メンタルヘルス岡本記念財団 平成28年度 研究・活動助成 (代表) 対人場面におけるネガティブな振り返り(反すう)のメカニズム解明および介入法開発. 総額30万円

(着任前) 論文(主なもの)   * Corresponding author 2014 Kobori O*, Nakazato M, Yoshinaga N, Shiraishi T, Takaoka K, Nakagawa A, Iyo M & Shimizu E. Transporting Cognitive Behavioral Therapy (CBT) and the Improving Access to Psychological Therapies (IAPT) Project to Japan: Preliminary Observations and Service Evaluation in Chiba. Journal of Mental Health Training, Education and Practice 2014; 9(3): 155-166.

  1. Yoshinaga N*, Hayashi Y, Yamazaki Y, Moriuchi K, Doi M, Zhou M, Asano K, Shimada M, Nakagawa A, Iyo M & Yamamoto M. Development of Nursing Guidelines for Inpatients with Obsessive-Compulsive Disorder in Line with the Progress of Cognitive Behavioral Therapy: A Practical Report. Journal of Depression and Anxiety 2014; 3(2): e1000153.
  2. Yoshinaga N* & Shimizu E. Social Skills Training Encourages a Patient with Social Anxiety Disorder to Undertake Challenging Behavioral Experiments. British Journal of Medicine and Medical Research 2014; 4(3): 905-913.

2013

  1. Yoshinaga N*, Niitsu T, Hanaoka H, Sato Y, Ohshima F, Matsuki S, Kobori O, Nakazato M, Nakagawa A, Iyo M & Shimizu E. Strategy for Treating Selective Serotonin Reuptake Inhibitor-Resistant Social Anxiety Disorder in the Clinical Setting: A Randomised Controlled Trial Protocol of Cognitive Behavioural Therapy in Combination with Conventional Treatment. BMJ Open 2013; 3(2): e002242.
  2. Yoshinaga N*, Ohshima F, Matsuki S, Tanaka M, Kobayashi T, Ibuki H, Asano K, Kobori O, Shiraishi T, Ito E, Nakazato M, Nakagawa A, Iyo M & Shimizu E. A Preliminary Study of Individual Cognitive Behavior Therapy for Social Anxiety Disorder in Japanese Clinical Settings: A Single-Arm, Uncontrolled Trial. BMC Research Notes 2013; 6(74): Epub.
  3. Yoshinaga N*, Kobori O, Iyo M & Shimizu E. Cognitive Behaviour Therapy Using the Clark & Wells Model: A Case Study of a Japanese Social Anxiety Disorder Patient. The Cognitive Behaviour Therapist 2013; 6(e3): Epub.

2011

  1. Yoshinaga N*, Fujita M, Tanaka YL & Nemoto S. Effects of Changing Illuminance on Somatosensory Function. Journal of Physiological Anthropology 2011; 30(4): 141-146.
  2. 吉永尚紀*,藤田水穂,田中裕二. 入眠時照度に対する嗜好の個人差と生体反応に関する基礎研究:生理機能と主観的評価に与える影響. 日本看護技術学会誌. 2011; 10 (2): 23-29.

総説(主なもの)

  1. 吉永尚紀*,吉永尚紀, 野崎章子, 宇野澤輝美枝, 浦尾悠子, 林佑太, 清水栄司. 日本の看護領域における認知行動療法の実践・研究の動向:系統的文献レビュー. 不安症研究. (in press)

 著書(主なもの)

  1. Yoshinaga N. Current Status of Treatment Options and New Availability of Cognitive Behavioral Therapy for Social Anxiety Disorder. In iConcept press (Ed.), Mental Disorders, iConcept Press Ltd. 2014. 105-122.

■ 学会発表(主なもの) (シンポジウム) 2013

  1. Yoshinaga N. Reccurrent Self-Image and Early Traumatic Memory in Social Anxiety Disorder. 4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Symposium “Self-Image in Social Anxiety: Its Function and Intervention (Kwon J, Yoshinaga N, Shirotsuki K & Chen J).” A-PS-5. Tokyo, Japan. 2013. 8.
  2. 吉永尚紀. 社交不安障害に対する個人認知行動療法と国内外のエビデンスレビュー. 第5回日本不安障害学会シンポジウム:社交不安障害はどのくらい治るか(山本和儀, 塩路理恵子, 野口恭子, 吉永尚紀). 札幌, 2013. 2.

  (口頭・ポスター発表) 2014

  1. Yoshinaga N, Hirano Y & Shimizu E. Effectiveness of Cognitive Therapy and Neuronal Alterations in Medication-Resistant Social Anxiety Disorder. 8th International Congress of Cognitive Psychotherapy. Hong Kong. 2014. 6.
  2. 吉永尚紀, 平野好幸, 清水栄司. 治療抵抗性社交不安障害に対する認知行動療法の効果と脳科学的作用機序の解明:ランダム化比較試験と機能的MRIによる検討. 第6回日本不安障害学会学術集会. 東京. 2014. 2.

2013

  1. Yoshinaga N, Matsuki S, Kobori O & Shimizu E. Individual Cognitive Behavior Therapy for Japanese Patients with Social Anxiety Disorder: Preliminary Outcomes and Their Predictors. 43th European Association for Behavioural and Cognitive Therapies. P5-5. Marrakech, Morocco. 2013.9.
  2. Yoshinaga N, Hayashi Y, Shimada M, Yamamoto M, Yamazaki Y, Moriuchi K, Doi M, Zhou M, Asano K, Iyo M & Nakagawa A. Nursing Intervention for Inpatient Obsessive-Compulsive Disorder Receiving Cognitive Behavioral Treatment: Development of Nursing Guideline at Chiba University Hospital. 4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference. A-P-154. Tokyo, Japan. 2013. 8.
  3. Yoshinaga N, Ohshima F, Matsuki S, Tanaka M, Kobayashi T, Ibuki H, Asano K, Kobori O, Shiraishi T, Ito E, Nakazato M, Nakagawa A, Iyo M & Shimizu E. A Feasibility Study of Individual Cognitive Behavior Therapy for Social Anxiety Disorder in Japanese Clinical Settings. 7th World Congress of Cognitive and Behavioural Therapies. P13. Lima, Peru. 2013. 7.

  ■ その他(受賞歴) 1. 吉永尚紀. 第6回日本不安障害学会 若手優秀演題賞. 2014. 対象研究演題 「治療抵抗性社交不安障害に対する認知行動療法の効果と脳科学的作用機序の解明:ランダム化比較試験と機能的MRIによる検討」 2. 吉永尚紀. 平成23年度日本生理人類学会 奨励賞. 2012. 対象研究論文 “Effects of Changing Illuminance on Somatosensory Function. Journal of Physiological Anthropology 2011; 30(4): 141-146.” 研究費:着任後(着任前からの継続分) 吉永尚紀(代表). 難治性社交不安障害に対する治療戦略の確立に向けて. 平成25-26年度科学研究費補助金:特別研究員奨励費 平成25年度:総額120万円、平成26年度:総額156万円 連絡先 吉永尚紀 宮崎大学テニュアトラック推進機構(看護学分野) 〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200 宮崎大学清武キャンパス 総合教育研究棟G704 Tel/Fax: 0985-85-9784(内線2667) E-mail: naoki-y(at)med.miyazaki-u.ac.jp (at)を@に代えて下さい。    

若手研究者

このページの先頭へ