材料物質工学科 物質環境化学科 電気電子工学科
土木環境工学科 機械システム工学科 情報システム工学科
材料物質工学科
西岡 賢祐 ■ 等価回路を用いた各種太陽電池の動作解析
■ 高効率シリコン系太陽電池をめざした反射防止構造の形成
■ 高性能薄膜トランジスタ(TFT)をめざしたシリコン酸化膜の低温形成
■ 高効率太陽炉の開発
■ 集光型太陽電池の研究開発
福山 敦彦 ■ 次世代太陽電池半導体材料中のエネルギー損失評価技術の新規開発
■ 量子井戸構造半導体中のキャリア発生・再結合評価
■ 機能性材料の光学的・電気的評価
宮城 弘守 ■ マルチファン型風洞を用いた風洞実験
■ 流体エネルギーに関する研究
森 浩二 ■ X線に感度を持つCCDの研究開発
■ 銀河系内または近傍銀河に存在する超新星残骸の観測的研究
 材料物質工学科のHPへ
物質環境化学科
大榮 薫 ■ 環境調和型無機系吸着材の開発と水環境浄化への応用
■ 機能性無機/有機ハイブリッドの開発と分離技術への応用
大島 達也 ■ 難水溶性生理活性物質・難水溶性薬物の水溶化法の開発
■ 生体分子に対する新規分離プロセスおよび分離材料の開発
■ レアメタルの新規分離プロセスおよび分離材料の開発
■ 重金属汚染土壌修復のための洗浄剤の開発
■ 新規セルロース材料の開発
酒井 剛 ■ 貴金属ナノ構造体の創製と燃料電池用電極触媒の開発
■ 二次電池用正極材料のナノからミクロンレベルの形態制御
■ 機能性触媒による新規バイオマス変換技術の開発
塩盛 弘一郎 ■ マイクロカプセルおよび微粒子の調製と機能化に関する研究
■ 分離プロセスおよび分離材料の開発に関する研究
■ 水環境の環境汚染とバイオマスの利用に関する研究
白上 努 ■ 可視光によって水分子を活性化させる金属ポルフィリン錯体の開発
■ 高原子価金属ポルフィリン錯体を用いた可視光駆動型光燃料電池の開発
■ 発光性イオン液体の開発
菅本 和寛 ■ フラボノイド誘導体の合成と生理活性に関する研究
■ 天然資源を原料とする生理活性化合物の合成
■ 環境調和型有機合成反応の開発
■ 宮崎特産の未利用植物バイオマス資源の有機成分の有効利用の検討
■ 樹木・草本からの構成高分子の分離・分析および利用
田畑 研二 ■ バイオマスからの化粧品・医薬原薬・化粧品等の合成
■ 触媒を利用したバイオファイナリー
馬場 由成 ■ 貴金属イオンの新規抽出剤および吸着剤の開発と廃電子機器や廃パネルからのレア
  アースおよびレアメタルの分離回収システムの開発
■ 有害重金属イオンの除去・回収剤の開発とその分離システムの構築
■ 環境浄化機能を有する機能性シリカナノ微粒子の調製とリチウム、コバルトの回収
■ バイオマス資源を利用したゼロエミッションプロセスの創製とその実用化
■ SPG膜を利用したナノバブルの創製と環境浄化システムの構築
■ マグネタイトを利用した地下水からのヒ素・アンチモンの除去・回収
■ カニやエビの殻を利用した貴金属および重金属の高選択的回収・除去材の開発
■ キチンキトサンを利用したレアアースおよびレアメタルの分離回収材の開発と廃電子
  機器からの回収プロセスへの応用
■ 分子インプリント樹脂の創製とレアアースおよび貴金属イオンの高選択的吸着剤の開
  発
■ 分子インプリントメソポーラスシリカを利用した生理活性物質の分離・回収など
林 幸男 ■ 微生物の生産する糖質関連酵素に関する研究
■ 微生物や酵素による糖質の高機能化と生産に関する研究
■ 微生物や酵素を用いた廃棄物処理と有価物の生産に関する研究
■ 微生物や酵素を用いた環境保全に関する研究
廣瀬 遵 ■ 生体触媒を利用した環境調和型の物質変換技術の開発
■ バイオマスの有効利用に関する研究
松下 洋一 ■ 植物の生理活性物質の分離・分析および合成による成分の利用研究
■ 未利用木質系バイオマスの分離・変換による環境保全型利用の研究
松本 仁 ■ 新規水溶性ポルフィリンの開発
■ 分子認識による両親媒性化合物の組織化に関する研究
■ 光化学を利用したミクロ反応場の創製に関する研究
宮武 宗利 ■ 微生物機能を利用した環境浄化・修復に関する研究
■ 微生物を利用した機能性物質の生産に関する研究
■ 機能性を有した新規微生物の探索
保田 昌秀 ■ 金属ポルフィリン錯体の光化学および物質変換システムへの応用に関する研究
■ 光化学反応における反応支配因子の解明に関する研究
■ 光触媒と生化学反応を組み合わせたバイオマスの燃料化
湯井 敏文 ■ セルロース単結晶繊維が示す溶媒和ダイナミクス挙動
■ 糖鎖結合モジュールタンパク質による結晶基質認識機構
■ 酢酸菌におけるバクテリアセルロース単結晶繊維形成機構
横井 春比古 ■ バイオマスエネルギーの生産に関する研究
■ 微生物や酵素を利用する有用物質の生産に関する研究
■ 微生物機能を活用する環境浄化・保全に関する研究
 物質環境化学科のHPへ
電気電子工学科
碇 哲雄 ■ 化合物半導体量子井戸、量子ドットの光学的性質、電気的性質
■ 透明導電性薄膜の光学物性、電子物性
■ 薄膜カルコパイライト太陽電池の劣化特性と高効率化
亀山 晃弘 ■ フォトニック光ファイバーを用いた光センシング技術の開発
■ 石英ガラス、石英系材料の光高機能化
■ 新デバイス用薄膜作製及び薄膜計測技術の開発

■ 光ファイバーを用いたバイオ・ケミカルセンターの開発
窪寺 昌一 ■ フォトニック光ファイバーを用いた光センシング技術の開発
■ 石英ガラス、石英系材料の光高機能化
■ 新デバイス用薄膜作製及び薄膜計測技術の開発
迫田 達也 ■ 農産物有利販売のための、プラズマ殺菌技術の開発
■ 電力設備の絶縁化機構の解明と診断装置の開発
■ 部分放電の特性把握に関する研究
田村 宏樹 ■ 生体信号(表面筋電位、眼電位、バイオロジカルモーションなど)の解析と応用
■ ニューラルネットワークの関数近似能力の改善に関する研究
淡野 公一 ■ MOSアナログ集積回路に関する研究
■ 多値集積回路に関する研究
■ 表面筋電位信号処理LSIの開発
■ CMOS温度センサー回路
■ ナノミスト噴霧器の開発とその応用
前田 幸治 ■ 工学およびX線測定による半導体結晶の評価
■ ガラスおよびセラミックス蛍光体の作製と物性評価
■ 可視から近赤外領域の微弱光検出技術
松本 寛樹 ■ 高精度スイッチドキャパシタAD-DA変換器
■ 能動RCを用いた抵抗及び容量型センサ信号処理回路
■ スイッチドボルテージ回路
横田 光広 ■ 電磁波散乱問題の計算機シミュレーション
■ 光波デバイスの設計
 Thi Thi Zin  ■ 安心・安全のための24時間自動見守り・看護・監視システムの構築に必要な要素技術開発
■ コンテンツベース類似画像検索およびランキング手法の開発
■ ビッグデータからの新しい知見の獲得・発見を体系的に行える数理的道具の開発
横谷 篤至 ■ 真空紫外光を用いた物質プロセスの研究
■ 短パルスを用いた材料加工技術の開発
■ 光デバイス、電子デバイス等の開発・試作
横山 宏有 ■ PPTS法及びPAS法を用いた半導体評価について
■ XRDを用いた新規材料の評価
■ 単結晶成長・評価
吉野 賢二 ■ 高効率薄膜太陽電池の開発
■ 透明導電膜の開発
■ 色素増感太陽電池の開発
■ 結晶成長のシミュレーション解析
 電気電子工学科のHPへ
土木環境工学科
今井 富士夫 ■ 集成木部材の合理的な接合法の開発
■ 集成木部材の内部腐朽探査法の開発
■ コンクリートならびに木部材の非弾性解析
鈴木 祥広 ■ 水環境における水質と細菌のフィールド調査・研究
■ 気泡を利用した汚染・汚濁物質の新規除去法の開発
■ ダム貯水池などの濁水原因粘土粒子の鉱物解析
関戸 知雄 ■ 廃棄物熱処理残渣の循環利用に関する研究
■ 発展途上国における適正な廃棄物処理に関する研究
■ 家畜ふん焼却灰の有効利用に関する研究
土手 裕 ■ セシウムの焼却灰からの溶出特性
■ 鶏ふん焼却灰から回収したリン回収物の有効利用技術の開発
■ 家畜埋却地からの悪臭ガスの除去に関する研究
村上 啓介 ■ 防災技術の開発
■ 環境に優しい土木技術の開発
■ 沿岸域および河川流域の環境管理
■ 安全で安心な地域基盤の確立
 土木環境工学科のHPへ
機械システム工学科
岡部 匡 ■ 非線形振動に対する解析手法の開発
■ 振動を利用した機械の開発
■ 粉体供給装置の開発
■ 機械振動の低減技術
川末 紀功仁 ■ 管内検査ロボット
■ 流体計測器
■ 宮崎牛の三次元デジタル化
■ 道路形状計測器
■ 汎用画像計測器
木之下 広幸 ■ 廃棄ガラス繊維強化プラスチックを再利用した高強度多孔質セラミックの開発
■ 木くず及び竹繊維からなる複合材の開発(プラスチックの代替)
■ 自己穴あけリベット締結に関する研究
  ・衝撃リベット締結法及びパンチリベット締結法の開発
鄧 鋼 ■ 機械要素の疲労き裂発生の検出及びき裂発生寿命に関する研究
■ 有限要素法を用いた様々な数値解析
■ 生体疲労試験に基づく生体用素材の疲労特性評価
■ 立体モデルの製作
友松 重樹 ■ 太陽集光装置を用いた高度熱利用技術に関する基礎研究
■ エンジンでの予混合乱流燃焼に関する基礎研究
■ メタン発酵バイオガスプラントに関する研究
長瀬 慶紀 ■ 薄膜型熱流束計の高精度化
■ ガソリンエンジンにおける燃焼ガス流速と熱流束の関係の調査
■ ビームダウン式太陽集光装置用レシーバの研究
中西 勉 ■ 駆動系歯車を対象とした歯面仕上げ法の開発に関する研究
■ 動力伝達用歯車の加工と運転性能に関する研究
■ 特殊環境下における転がり滑り接触面の表面疲れに関する研究
■ ミニ歯車ポンプ用軸付歯車の開発
 機械システム工学科のHPへ
情報システム工学科
池田 諭 ■ 組合せゲーム
■ くじの設計に関する研究
■ 効率的な組織構成に関する研究
■ 近傍の情報を利用するグラフ上のランダムウォーク
片山 徹郎 ■ 組込みソフトウェアを対象とした信頼性向上手法の提案
■ プログラミング教育支援手法の提案援手法の提案
■ UMLを用いたソフトウェアの設計開発支援手法の提案
佐藤 治 ■ 多自由度メカニズムのモデル化と解析
■ 消費エネルギーを考慮したマニピュレータの最適制御
■ 対象物との接触力緩和に関する研究
山森 一人 ■ 並列分散処理と高性能計算
■ フォールトトレランス
■ 神経回路網,進化型計算応用
 情報システム工学科のHPへ

ホームへ戻る


        研究・技術シーズトップへ           ページのトップへ戻る

Copyright(c)2006 Center for Collaborative Research & Community Cooperation,University of Miyazaki. All rights reserved.