宮崎大学 産学・地域連携センター > ビジコン全国大会 宮大生が文部科学大臣賞 テクノロジー部門大賞を受賞!

活動報告

ビジコン全国大会 宮大生が文部科学大臣賞 テクノロジー部門大賞を受賞!

 『第14回キャンパスベンチャーグランプリ全国大会』が2018年3月6日(火)に霞山会館(東京都千代田区)で開催され、文部科学大臣賞(テクノロジー部門大賞)に宮崎大学生が選出されました。宮崎県勢の本賞受賞は初。
 受賞したのは、3学部5人で構成する学生チーム「TOBE」。今年度スタートした『宮崎大学ビジネスプランコンテスト』を契機にチームを結成し、これまでブラッシュアップを行ってきました。障がい者の航空機利用にかかる手続を簡略化する新たなサービス事業を提案し、その新規性、社会性、事業性が高く評価されての受賞となりました。
 宮崎大学では、地方創生、イノベーション創出に向けたベンチャー創出と、その人材育成に力を入れております。彼らの今後さらなる成長にご期待いただきますとともに、今後とも皆様の温かな支援、ご協力をよろしくお願いします。

■受賞者名(チーム:TOBE)
 宮崎大学工学部     4年 木下 大輔(代表)
 宮崎大学教育文化学部  3年 井手 優太
 宮崎大学地域資源創成学部1年 太田 帆南
 宮崎大学地域資源創成学部1年 外山 開成
 宮崎大学地域資源創成学部1年 福永 昌俊
■受賞プラン
 障がい者情報プラットフォーム TOBE
■第14回キャンパスベンチャーグランプリ全国大会 受賞
 文部科学大臣賞 テクノロジー部門大賞、TOMODACHI賞(シリコンバレー留学)
 ※第17回大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテスト グランプリ受賞(九州地区大会)
 ※第1回宮崎大学ビジネスプランコンテスト グランプリ受賞

【受賞最終結果】

大会の詳細はこちら

【大会の様子】

ページトップへ