宮崎大学安全衛生保健センター沿革

昭和53年  4月 文部省令第10号により宮崎大学に保健管理センター設置。

              保健管理センター所長事務取扱に学生部長遠藤尚教授併任。

        11月 保健管理センター講師(カウンセラー)に安藤末廣採用。

        12月 保健管理センター教授(保健管理医)に宮本成章採用。

昭和54年  4月 宮本成章教授保健管理センター所長併任。

昭和58年  4月 保健管理センター講師、安東末寛、教育学部助教授に昇任。

          6月 保健管理センター講師に中村純五任用。

          8月 中村純五講師退職。

        10月 保健管理センター講師に阿多京子任用。

平成   元年  8月 阿多京子講師退職。

            9月 保健管理センター講師に水谷弘任用。

            6月 水谷弘、保健管理センター助教授に昇任。

平成   9年  8月 保健管理センター助教授に亀井健二任用。

平成13年  3月 保健管理センター教授、宮本成章定年退官。

            4月 亀井健二、保健管理センター教授に昇任。

                 保健管理センター所長併任。

                 保健管理センター助教授に鈴木斎王任用。

平成14年11月 鈴木斎王、宮崎医科大学医療情報部助教授に転任。

                 保健管理センター助教授に江藤敏治任用。

平成15年10月 新「宮崎大学」誕生(旧宮崎大学および旧宮崎医科大学統合)

平成16年  3月 保健管理センター教授、亀井健二退職。

            4月 保健管理センター所長に寺井親則(医学部教授)、併任。

          10月 保健管理センター教授に秋坂真史任用。

平成17年  3月 平成17年度より「保健管理センター」が「安全衛生保健センター」に改組

平成23年  4月 安全衛生保健センター長に石田 康(医学部教授)、併任。

平成24年  3月 安全衛生保健センター教授、秋坂真史辞職。

平成25年  3月 安全衛生保健センター准教授、江藤敏治辞職。

            4月 安全衛生保健センター教授に武田龍一郎任用。

            7月 安全衛生保健センター講師に楠元和美任用。

平成27年  8月 楠元和美、障がい学生支援室准教授に転任。

平成28年  4月 安全衛生保健センター講師に室井千代任用。

ページトップへ