教育協働開発センターの紹介

活動

教員養成・教員研修

学校や地域が抱える教育課題に協働的に対応するシステムを構築しています。教員の授業力向上や学校力の向上を図るために、様々な提言をしています。

地域社会の教育課題

児童生徒が育つ地域における教育課題について、宮崎県の未来を見据えた持続可能な解決に向けた取り組みをしています。

授業力向上フォローアップ事業

教職大学院修了生の学校現場における授業力向上のため、本学教員が修了生の勤務校を訪問して授業研究などを協働的に行うなど、修了後の継続的な学びを支援しています。ストレート大学院生として在籍した者、現職教員学生として在籍した者など、修了生の経験等により個々に異なる課題に対して、本学教員の専門性を生かした支援を展開しています。
勤務校をフィールドとする本事業は、修了生の教員としての資質向上だけでなく、当該校における授業研究の質的向上及び同行する学部生・大学院生の現場での学びの充実に寄与しています。また、本事業によって得られた成果を本学教職大学院のカリキュラム等にフィードバックし、教育の質保証を図っています。
なお、本事業は、文部科学省より「特色ある好事例・先進的な取組」として、平成30年度のグッドプラクティスに選出されました。

詳しくは下記のpdfをご覧ください。

2018年度の主な事業

教員の学び合いの様子 教員の学び合いの様子
教員の学び合いの様子 教員の学び合いの様子

教員の学び合いの場を活性化する

「校内研修の活性化」研究実践事業(独立行政法人教職員支援機構受託事業)

宮崎県教育研修センターと協働して、宮崎県内の小・中学校が実施する校内研修に対する支援に取り組んできました。校内研修が活性化することで、教員の学び合いが生まれ、授業力の向上へとつながります。これまでに得られた知見は、教育委員会主催の研修や教員免許状更新講習にも活かされています。

附属学校園で教員の授業力を磨く

附属学校園を活用した教員研修プログラムの開発事業(独立行政法人教職員支援機構受託事業)

教職大学院のカリキュラムデザインを活かした、様々な教員研修プログラムを実施してきました。附属学校園の児童・生徒がいる環境を活用し、子どもの資質・能力を育成する授業力の向上を目指しています。こうした経験をもとに、より充実した教員研修プログラムの研究開発に取り組んでいます。

子どもを取り巻く厳しい現状を打破する

みやざき子ども未来応援コーディネーター養成研修事業(宮崎県受託事業)

宮崎日日新聞社、宮崎県、宮崎県児童福祉施設連絡協議会、Swing-Byと「宮崎県の子どもの貧困に関する連携推進協議会」を立ち上げ、宮崎県内でも深刻化する子どもの貧困問題に協働して取り組んでいます。とりわけ、本学部では、「みやざき子ども未来応援コーディネーター」を養成しており、本県地域福祉と教育の更なる充実への貢献が期待されています。

地域創生を担う子どもたちを育む

特別活動を中心としたキャリア教育プログラム開発事業(日南市受託研究事業)

日南市教育研究所と協働して、「特別活動領域を中心としたキャリア教育プログラム」を開発しました。本プログラムは、日南市立吾田東小学校の協力のもと、授業実践を重ね、地域創生を担う人材育成を視点としたキャリア教育の知見の結晶です。今後、日南市に続いて市町村単位での広がりが期待されます。

研究紀要

一部の紀要については電子リポジトリが公開されています。
下記の「リポジトリ」をクリックすると宮崎大学附属図書館のページに飛び、そこで紀要の内容をご覧になれます。
※附属図書館のページへ飛んだ際に「検索条件が入力されていません」と表示される場合は、
 「OK」をクリックしてメッセージを閉じたのち、そのまま青い「検索」ボタンをクリックいただきますと、該当号の内容が表示されます。


PAGE TOP