九州・沖縄アイランド女性研究者支援ネットワーク(Q-wea)

九州・沖縄アイランド女性研究者支援ネットワークは、九州・沖縄地区において女性研究者支援や男女共同参画推進に取り組む大学等が交流・情報交換を行なうネットワークで、2008年から活動を行っています。関係者からは「Q-wea(きゅーうぃ)」という愛称で親しまれています。

※宮崎大学は2020年10月からQ-wea事務局を担当しています。

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、大阪大学・東京農工大学が文部科学省と連携して、女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す大学や研究機関、企業等のネットワークとして構築されたものです。

※宮崎大学は2020年4月から同ネットワーク九州・沖縄ブロックの取りまとめ幹事機関を担当しています。(~2022年3月)

詳細についてはこちらをご覧ください。

宮崎県ライフデザイン事業

この事業は、主に宮崎県内の若い世代の方を対象に、一人ひとりのライフデザインについてイメージしてもらうことを目的に実施するものです。主に高校・大学・専門学校等における出前講座、一般の方も参加可能なライフデザインフォーラムなどを通じた意識啓発を行っています。

宮崎県こども政策課から受託する事業として、2017年から「宮崎県ライフデザイン事業」に取り組んでいます。

これまでの活動内容については下記より報告書をご覧ください。

各年度の活動報告書PDF(別途用意する予定です

各年度の活動報告書PDF

都農町ダイバーシティプロジェクト

宮崎大学が受託する都農町地域活性化に関する受託研究の一環として、2019年から都農町ダイバーシティプロジェクトに取り組んでいます。

この事業は、都農町における長期的な人材育成に効果的にアプローチすることを目的に、ダイバーシティ(多様性)について考えるきっかけの提供やコミュニティの創出を行っています。

これまで開催した主なイベント