宮崎大学
ニュースリリース

「女子高校生のためのサイエンス体験講座 in 宮崎大学」を開催

2019年03月14日 掲載

20190314_01_02.jpg↑実験をする参加者

平成31年3月5日(火)、県内の1~2年生の女子高校生を対象としたサイエンス体験講座を開催した。

毎年県立高校入試の日程にあわせて開催する本講座は、本学が取り組む男女共同参画推進事業の一環で、将来の進路を考える女子高校生に理系の多彩な面白さを知ってもらい、進路選択の幅を広げてもらうことを目的としている。例年多くの応募者があり、今回も、定員126名に対し、189名の女子高校生から応募があった。本学教職員や学生の協力のもと、医学部2講座、工学部4講座、農学部3講座、地域資源創成学部1講座の計10講座を開講し、当日は122名の女子高校生がさまざまな実験や講義を体験した。

参加者からは、「他校の女子高校生との交流もでき、とても貴重な体験ができた」「大学の雰囲気も知ることができ、とても良い機会となった」といった感想が多く寄せられた。

また、農学部開講講座の『覗いてみよう!ヤギと草と人の不思議な関係』の参加者からは「この体験を通して、農学の良さや、楽しさについて知ることができ、将来の視野が広がった」、工学部開講講座の『太陽光から水素を生み出す!最新のエネルギー技術』『レゴ®でロボット技術の新しいトレンドを学ぼう!』の参加者からは「工学部へ進学したいという気持ちがより一層強くなった」などの感想が寄せられ、自分の将来について考える貴重な機会を提供できた。

なお、応募者多数のため参加できなかった希望者に対して、「女子高校生+保護者のためのみやだいSpring Cafe」を翌日に開催し、8名の女子高校生と1名の保護者が参加した。

20190314_01_01.jpg

↑講座を受講する参加者

20190314_01_03.jpg↑レゴ@ロボットの動きを確認する参加者

20190314_01_04.jpg↑太陽光を利用して実験する参加者

20190314_01_05.jpg↑実験結果を観察する参加者

20190314_01_06.jpg↑ヤギと触れ合う参加者

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH