宮崎大学
ニュースリリース

Miyazaki ECMO Simを開催

2019年01月07日 掲載

20190107_01_02.JPG↑実際に急変時のシナリオに沿って人工心肺を挿入する手技を実施

平成30年12月8日(土)、宮崎大学では医学部医療人育成センター(清武キャンパス)にてMiyazaki ECMO Simを開催した。人工肺とポンプを用いた体外循環回路による治療を迅速に行う技量をより高めることを目的として行われ、医学部附属病院の医師、看護師、臨床工学技士の総勢19名が受講した。

20190107_01_03.JPG↑東北医科薬科大学病院遠藤智之先生よる手技に関する説明

講師に東北医科薬科大学病院救急科部長の遠藤智之先生を迎え、患者に見立てた人形に、実際にカニュレーションを挿入し、人工心肺を回すシミュレーションを行った。

宮崎大学医学部附属病院では、日頃より診療、教育、研究面において社会貢献を推進することとしており、今回のMiyazaki ECMO Simは、より多くの患者を救うために高度な救急医療を安全に実施する取組となった。

20190107_01_01.JPG↑記念撮影

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH