宮崎大学 産学・地域連携センター > 1/26 地域の森を考える~森の役割、ミツバチと有機農業について~

公開講座

1/26 地域の森を考える~森の役割、ミツバチと有機農業について~

※本講座は定員に達したため、申し込みを締め切りました。(1/15)

宮崎市加江田の山に「みつばちの森」をつくろうという市民プロジェクトがあります。
伐採跡地に四季折々蜜源になる樹木を植樹し、ミツバチを始め昆虫や生き物が息づく森を取り戻そうという活動です。
 その一環として、森本来の役割、そして受粉活動をするミツバチと農業の共生について学ぶ講座を開催します。
伐採が進む山林、地域の森をどう守っていくか、将来の子供たちに遺す自然の姿はどうあるべきか、市民として何ができるのかを考えるきっかけに、幅広い市民の皆様のご参加をお待ちしています。

☆ 日   時 :2019年1月26日(土)
☆ 時   間 :10:00~12:00
☆ 受 講 料 :無料
☆ 対  象 :一般
☆ 定 員 :先着30名 
☆ 場 所:地域デザイン棟(木花キャンパス)
☆ 講 師 :農学部教授 光田 靖


0126地域の森づくり講座 チラシ

 

公開講座お申込みの流れ

<受講お申し込み・受講に関するお問合せ> 

 宮崎大学 産学・地域連携センター 
 電話:0985-58-7188 10:00~16:00(土日・祝日は除く)
 FAX:0985-58-7793 
 E-Mail:m-chiiki@of.miyazaki-u.ac.jp

 

 

ページトップへ