宮崎大学
ニュースリリース

宮崎大学学びなおしセミナー「日仏異邦人〜フランスと日本はまるで水と油〜」を実施

2019年11月12日 掲載

令和元年11月6日(水)、学びなおしセミナー「日仏異邦人~フランスと日本はまるで水と油~」を宮崎大学まちなかキャンパス(宮崎市若草通りアーケード内)において実施し、清水まさ志准教授(語学教育センター)が講師を務める公開講座「フランス語フランス文化」の受講者を中心に約30名が参加した。

本セミナーは、日本人としては数少ないボタン式アコーディオン奏者として国内外の音楽祭で活躍し、フランス・チュール市にて開催された「国際アコーディオン・フェスティバル」において、日本人女性初のメインステージを4日間務めて大絶賛された伊藤浩子氏(栃木県宇都宮市出身、パリ在住)を招聘して実施された。伊藤氏は、アコーディオン演奏を交えながら、30年間のパリ生活で体験したフランスと日本の違いについて辛口トークを交えながら語り、会場の受講者を笑わせた。また、伊藤氏の演奏に合わせて、都城市在住で声楽家の河野幸子氏が「おぼろ月夜」と「みかんの花咲く丘」の歌を即興で披露し、会場を盛り上げた。

20191106_01_01.jpg

フランスについて話す伊藤氏

20191106_01_02.jpg

前方左:河野幸子氏

20191106_01_03.jpg

左:清水まさ志准教授

20191106_01_04.jpg

セミナー終了後の集合写真

宮崎大学では、このようなイベントを通じて、地域の方々に音楽や芸術に触れる機会を提供し、中心市街地の交流人口増加に貢献していくこととしている。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH