宮崎大学
ニュースリリース

「教育学部寄附講座(租税教育)」を開講

2019年11月28日 掲載

令和元年111日(金)、教育学部において南九州税理士会宮崎県連合会と連携した日本税理士連合会の大学寄附講座を開講した。

本講座は、小中学校の社会科の授業を担当するための教員としての資質・能力の育成を目指す科目に租税教育を取り入れたもので、国立大学教育学部と税理士会が連携し、教員養成の必修科目の一部にこのような内容を取り入れることは、双方において全国初の試みである。

本講座は3つの科目において3回ずつ、述べ9回を実施し、租税教育のみならず、主権者教育、参政権教育についても内容に盛り込んだ講義となっており、初日となったこの日は、南九州税理士会宮崎県連合会の野元俊一会長の挨拶のあと、本学部の吉村功太郎教授が、新学習指導要領の「社会に開かれた教育課程」という理念と外部機関との連携による教育活動の重要性について講義を行った。その後、税理士の坂本敬子氏が「税を知る」をテーマに講義を行った。

20191101_01_01.jpg野元俊一会長のご挨拶    

      

20191101_01_02.jpg坂本税理士による講義

その内容は、安全・安心なくらしを送るために必要な社会を維持していくためという税の意義だけでなく、税負担のあり方や税をなぜ教育に使うのかといった税をめぐる重要な考え方、更には租税法律主義や国会による予算の承認など、税をめぐる国民主権・民主主義という点など、幅広いものであった。主権者としても、どのように税と向き合うかということを考えるきっかけとなる講義であった。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH