宮崎大学 産学・地域連携センター > 設備サポートセンター整備事業とは

連携研究設備ステーション

設備サポートセンター整備事業とは

現在文部科学省が進めている事業(設備サポートセンター整備事業)で、限られた資源を有効活用し教育研究環境の整備を図るため、設備の共同利用促進、中古設備の改良等による再利用、効果的かつ効率的な設備配置、サポート人材の集約化や効率的な再配置など、大学における全学的な設備マネジメントを担う「設備サポートセンター」を整備することにより、教育研究設備の有効活用に係るマネジメント機能を強化することを目的としています。

(参考:文部科学省参考資料

 

 

 

ページトップへ