宮崎大学
ニュースリリース

障がい者スポーツ交流イベントを実施

2020年01月09日 掲載

令和元年12月21日(土)、西都市民体育館(宮崎県)において、スポーツ交流を通じて障がい理解啓発と障がい者の社会参加促進を目的としたスポーツ交流イベント「Do ! スポーツ」が開催され、西都市近郊の小中学生や特別支援学校の児童・生徒並びにその保護者や宮崎大学生など約80名が参加した。

本企画は、宮崎大学が学生の自主的なチャレンジを後押しするための枠組みである「とっても元気!宮大チャレンジ・プログラム(西都市枠)」による助成を受けて実施しており、宮崎大学教育学部特別支援教育専攻や小中一貫教育コースの学生約20名が中心となって企画・運営された。

20191221_02_01.jpg

ルール説明をする様子

今回のメインスポーツとなったハンドサッカーでは、独自の特別ルール「① わざと相手にぶるからない」「② 車椅子にボールが当たったらキャッチとみなす」「③ ボールを持って動くことができるのは、車椅子利用者は10秒で非利用者は3歩」などを設定し、障がいのある方とそうでない方が一緒に楽しめる工夫がなされており、参加者全員が楽しんでいる様子であった。

20191221_02_02.jpg

ハンドサッカーの様子

また、イベント会場には、就労継続支援B型事業所の「清水台通所センター」で作られた手芸品やパン、お菓子などが販売されるなど、教員を志す学生達の目線で細かな配慮がなされたイベントとなった。

その他、「とっても元気!宮大チャレンジ・プログラム(西都市枠)」により実施する事業は以下のとおり。
1.西都の恵みを科学の力で発信!
2.宮大出張コンサート in 西都
3.山村留学生交流会&YTG(ゆず取り合戦)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH