宮崎大学
ニュースリリース

NASAアジア代表部代表によるオンラインセミナーの開催

2020年08月21日 掲載

令和2年7月29日、宮崎大学はNASAアジア代表部代表のガーヴィーマッキントッシュによるオンラインセミナーを開催した。

本セミナーは、今年度リニューアルした附属図書館に、在福岡米国領事館からの助成によって、「アメリカン・インフォメーション・デスク」を設置したことに伴い、アメリカの社会・文化に関連した情報を招へいしたゲストから発信するセミナーとして定期的に開催しているものである。第3回目の開催となった今回は、県内の大学・高校、さらに県外の高校や教育委員会から200名以上の参加があった。

講演者のマッキントッシュ氏からは、「Launch America ~NASA新時代の挑戦」をテーマに、宇宙政策を通じ、これまでの人類が宇宙に飛び立った歴史を振り返るとともに、宇宙開発分野における日米協力として、JAXAの役割、歴代の日本人飛行士の紹介、あるいは宇宙事業に参画している日本企業の活躍等について様々な視点からの紹介があった。

講演終了後の質疑応答では、宇宙飛行士になるためはどうしたらよいのか、また、アポロ計画の現状についてはなど素朴な質問が学生から寄せられ、同氏からは適切な回答が得られるとともに、宇宙というテーマに係わっていくには、多国籍の人種や文化を理解し、それぞれに対応できるコミュニケーション能力を培ってほしいとのコメントがあった。

同アメリカン・インフォメーション・デスクでは、現在のコロナ禍においても、日本人学生の海外への関心や将来の海外留学、あるいは留学生との交流等を通じ、積極的な国際交流の促進に取り組んでいくこととしている。


20200821_01_01.jpgNASA職員によるのオンラインセミナーの様子

20200821_02_03.jpgアメリカン・インフォメーション・デスクでの留学相談

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH