宮崎大学
ニュースリリース

新型コロナウイルス感染症予防の対策として学内に手洗い場を設置

2020年04月06日 掲載

宮崎大学では、4月3日、新型コロナウイルス感染症対策として、大学正面入り口、門衛所前に手洗い場を設置しました。

20200403_02_01.jpg 20200403_02_02.jpg

新型コロナウイルスを予防するには、手洗いをすることがとても効果的とされています。 まずは大学の入口に手洗い場を設置することで、病原体を持ち込まない、拡げないことを目的としており、感染症予防対策、並びにその意識付けを目的としています。

20200403_02_03.jpg

今後、敷地内に全部で12箇所に手洗い場を設置し、手洗い場への誘導サイン、感染予防のポスターを掲示する予定です。

20200403_02_04.jpg

学内に入る際は手洗い消毒にご協力をお願い致します。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH