宮崎大学
ニュースリリース

「あずまや名称最優秀賞表彰式」を挙行

2020年04月13日 掲載

「雨天時でも学生が利用できる屋外休憩スペースの創出」を目的として、宮崎大学生活協同組合からの寄付を受けて建設された木花キャンパスあずまやが3月末に完成した。完成にあたり、118日~210日にかけてあずまや名称の学内募集を実施し、この度最優秀賞受賞者への表彰式が330日に学長室にて行われた。

20200330_02_02.jpg

20200330_02_03.jpg応募総数49件の中から、最優秀賞には工学部の玉井 荘一郎さんが応募した「まほろば」が選ばれた。まほろばとは、「素晴らしい場所、住みやすい場所」を指す言葉であり、玉井さんは学生にとってあずまやがそのような場所になってほしいという思いでこの名称を応募した。

表彰式では池ノ上学長並びに宮崎大学生活協同組合の高橋理事長から玉井さんに賞状及び副賞が贈られた。なお新型コロナウイルスの影響を考慮して式は関係者のみで執り行った。20200330_02_01.jpg今後あずまやには、名称を表記した看板の設置が予定されている。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH