宮崎大学
ニュースリリース

学生スポーツ支援室設置

2020年04月13日 掲載

令和241日宮崎大学は『学生スポーツ支援室』を設置し、池ノ上学長から松永智 教育学部教授に室長の委嘱状が交付された。

昨年度から加盟している一般社団法人 大学スポーツ協会(UNIVAS)の対応窓口、及び課外活動におけるスポーツの支援が主な業務となる。

その後、学生スポーツ支援室のメンバーによるキックオフミーティングを開催し、松永室長から各メンバーに委嘱状が交付され、UNIVAS2020年度の計画や新型コロナウイルス対策などについて話し合われた。

学生スポーツ支援室には、1991年世界陸上マラソン優勝の宮崎県出身オリンピアン、谷口浩美 教育・学生支援センター特別教授や柔道の日本代表として2017年ヨーロッパオープン ソフィア大会優勝(-48kg)の志々目由理江 教育学部講師など、トップレベルの競技経験者もメンバーとして加わっている。

今後、学生スポーツ支援室では、UNIVASから提供される情報やサービスなどを活用し、学生の課外活動において、安全にスポーツに取り組める環境を整備するとともに、学業との両立ができるよう支援を行っていく。

20200401_03_01.jpeg

池ノ上学長から松永智 教育学部教授に学生スポーツ支援室長の委嘱状が交付された

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH