宮崎大学
ニュースリリース

宮崎大学教育学部・大学院教育学研究科、 日向商工会議所との連携協力に関する協定を締結

2020年07月07日 掲載

令和2624()、宮崎大学教育学部・大学院教育学研究科と日向商工会議所は、連携協力に関する協定を締結した。

同協定は、互いの資源やコンテンツ、ノウハウを有効に活用して、キャリア教育を推進し、地域社会の発展に寄与するとともに教員養成及び教師教育の充実を図ることを目的としている。

締結式は、ホテルベルフォート日向で行われ、福島重義日向市キャリア教育支援センター長や高木亮輔「14歳のよのなか挑戦」協力事業者の会会長など、両機関の関係者と日向市教育委員会の立ち会いの下、藤井良宜教育学部長と三輪純司日向商工会議所会頭が協定書に署名した。
式では、大学院教育学研究科の椋木香子教授が趣旨説明を行った後、藤井学部長が「日向市との研究で明らかになった事柄を学生に伝え、将来の教員になる学生がその実践を受け継げるよう取り組みたい」と挨拶した。
続いて、三輪会頭が「人間らしい子どもたちをしっかりつくり、そこから経済をより一層発展させたい。しっかりと大学と力を合わせ取り組んでいきたい」と述べた。
立会人を務めた日向市教育委員会の今村卓也教育長は「日向市のキャリア教育は、産官学が一体となった取り組みであり、協定書の締結により、より高度な連携ができ、さらに深めていける。今後の取り組みに大きな夢と期待を寄せている」と語った。

今回の協定により、教育学部では、日向市のキャリア教育の事例や成果を調査研究し、県内外に発信する。日向商工会議所においては、学生たちがキャリア教育を学ぶ場を提供するとともに教育プログラムをさらに充実させることが期待される。

20200624_01.jpg

藤井良宜学部長(左)、三輪純司会頭(右)

20200624_02.jpg関係者の集合写真

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH