宮崎大学
ニュースリリース

「月間先端教育」に宮崎大学の取り組みがクローズアップされました

2021年10月13日 掲載

 学校法人先端教育機が発行する「月間先端教育」(202111月号)の「宮崎県特集(地域×教育イノベーション)」において、地域で活躍する人材育成に重点をおいた宮崎大学の取り組みと本年101日付けで就任した鮫島浩新学長がクローズアップされました。

 本学では、9月末で退任した池ノ上前学長が、地域企業や自治体との連携を強化して「地域デザイン講座の設置」・「宮崎 学生ビジネスプランコンテストの開催」・「都農町寄附講座の設置」などを行い、地域に必要とされ、地域の中核拠点としての役割を担う大学としての方向性を確立してきました。

 今回は、それらの取り組みの一例が紹介されるとともに、10月に就任した鮫島浩新学長の人材育成にかける熱い想いが掲載されています。また、本学が国際協力機構(JICA)等と連携して進めている外国人ICT技術者人材育成プログラム(B-JET)を主導する田阪真之介氏(本学国際連携センター特別教授 / NPO法人グローカルアカデミー理事)についても特集が組まれ、地域課題を解決するためのユニークな取り組みなどが紹介されています。

s-★20210919_ビジコン.jpg(写真:令和3年度宮崎・学生ビジネスプランコンテスト表彰式終了後撮影)

【月間先端教育202111月号】
■ 鮫島浩学長:大学は「再出発できる場所」学び直しで、何歳でも人は変われる
 https://www.sentankyo.jp/articles/6fd9e65b-88e4-4d3d-9b83-92ad6a6c93b4

■ 田阪真之介特別教授:宮崎を起点に世界とつながる教育 地域をチャレンジの場に
 https://www.sentankyo.jp/articles/5a8a8f6c-b22f-4a87-b82a-6187145f920d

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH