宮崎大学
ニュースリリース

農学部稲葉靖子准教授が宮崎日日新聞賞を受賞

2019年11月07日 掲載

令和元年1031日(木)、本学農学部の稲葉靖子准教授が令和元年度(第55回)宮崎日日新聞賞(科学賞)を受賞しました。

20191031_01_01.jpg

受賞した稲葉靖子准教授(左)

稲葉准教授はこれまで、日本に自生する発熱植物の研究を精力的に行ってきており、今回受賞したものは、南九州や沖縄に自生するソテツの発熱機構に関する研究成果です。稲葉准教授らは、ソテツの雄花が活発に発熱することを見出し、その発熱メカニズムの一端を解明しました。上記の成果は、米国植物生理学会が発行する植物学雑誌「Plant Physiology」に論文掲載され、20196月号の表紙を飾りました。また、同号の中で注目論文としてハイライトされるなど、国内外で研究成果が注目されています。

20191031_01_02.jpg

受賞者の集合写真

〇裸子植物ソテツの花が発熱するしくみの一端を解明
http://www.miyazaki-u.ac.jp/newsrelease/edu-info/post-294.html

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH