宮崎大学
ニュースリリース

サンゴの天敵・オニヒトデの体表を覆う未知の共在菌をインド・太平洋の広域から発見

2020年08月27日 掲載

 本学農学部の安田仁奈准教授らの研究グループは、サンゴの天敵であり、インド・太平洋のサンゴ礁生態系の保全上大きな問題となっているオニヒトデの体表に、既知の海洋細菌とは系統の大きく異なる細菌(1菌種)が共在菌としてほぼ独占的に存在していることを発見し、全ゲノム配列を解読しました。

 オニヒトデ共生細菌とそのゲノム情報はオニヒトデのモニタリングにも利用でき、大量発生の早期検出などに活用できる可能性があると考えられます。


 本研究成果は、令和2年 8月 24日にMicrobiome誌(電子版)に掲載されました。

20200827_01_01.jpg20200827_01_02.jpg

〇宮崎大学農学部

 http://www.miyazaki-u.ac.jp/agr/

〇宮崎大学海洋生物環境学科

 https://www.miyazaki-u.ac.jp/fishery/

〇宮崎大学プレスリリース

http://www.miyazaki-u.ac.jp/public-relations/20200827_01_press.pdf

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH